編集部からのお知らせ
新着! 記事まとめ集「銀行のITビジネス」
EDRの記事まとめダウンロードはこちら

三菱東京UFJ銀行がヴイエムウェアのデスクトップ仮想化製品を採用

ZDNet Japan Staff

2010-05-31 11:00

 ヴイエムウェアは5月31日、三菱東京UFJ銀行がヴイエムウェアの提供するデスクトップ仮想化ソリューション「VMware View」を導入したと発表した。VMware Viewの導入は、三菱東京UFJ銀行内のOA用PC端末のセキュリティ強化とユーザー利便性の向上が目的で、すでにシステム部内のPC端末の半数にあたる3000台のリプレイスが完了したという。

 三菱東京UFJ銀行では、各ユーザーのデスクトップのセキュリティ強化やユーザー利便性の向上といった課題を解決するため、新たなデスクトップの管理方法を模索していた。デスクトップの管理性や将来性といった観点で改善策を検討した結果、VMware Viewに着目、第1弾としてシステム部内のPC端末3000台をシンクライアント端末にリプレイスした。その結果、行内のOA用端末のセキュリティを強化しつつ、従来のPC環境では実現できなかった快適なデスクトップ環境が実現したという。また、事前に実現可能性を調査した結果、VMware Viewによりブレードサーバ1台あたり仮想デスクトップ83〜86台にまで集約できたとしている。

 この成果から、三菱東京UFJ銀行では順次行内のPCを仮想デスクトップ環境を使ったシンクライアント端末に置き換えることを検討している。また、この移行に際し、アプリケーションの仮想化技術を活用して利用しているソフトウェアを仮想デスクトップ環境に移行することも検討しているという。

 三菱東京UFJ銀行 システム部 上席調査役の徳永瑞彦氏は、デスクトップの仮想化において重視したこととして、ユーザーの快適さの実現とビジネスパートナーの信頼性を最も重視したとしており、「ヴイエムウェアは明確なロードマップとリーズナブルなライセンス体系を備えており、会社としてもエンジニアとしても双方のレベルで関わりを持ち続けたいと思えるビジネスパートナーだった」と述べている。

ZDNet Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

特集

CIO

モバイル

セキュリティ

スペシャル

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNet Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]