編集部からのお知らせ
スタート直前の5Gをチェック!
PickUp! オンラインストレージの進化と課題

Facebook、営業部門の業務管理にSalesforce CRMを採用

ZDNet Japan Staff

2010-07-22 13:09

 米Salesforce.comは7月21日(米国時間)、ソーシャルネットワーキングサービス(SNS)を提供するFacebookが、営業部門の業務管理に「Salesforce CRM」を導入すると決定したことを発表した。

 Facebookでは、自社システムを強化するかクラウドコンピューティング型のCRMを導入するかについて検討した結果、クラウドコンピューティングでは短期間での導入が可能で、会社の急成長にあわせてスケールアップできるという点を特に評価し、「Sales Cloud 2」の導入を決定したという。

 また、Facebookは営業部門全体に加え、複雑なワークフローと承認プロセスを自動化するためデベロッパーリレーションにもシステムを導入。これにより、最終的に既存の6つのシステムが統合された。

 FacebookのCOOであるSheryl Sandberg氏は、「現在の右肩上がりの成長と今後の売上目標を考えた時、当社にとって会社の成長にあわせてスケールアップできるソリューションが不可欠だった。Salesforce.comのクラウドモデルはこのニーズを完璧に満たしてくれた」と、導入の背景についてコメントしている。

ZDNet Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

Special PR

特集

CIO

モバイル

セキュリティ

スペシャル

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNet Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]