編集部からのお知らせ
ZDNet Japanが新しくなりました!
New! 懸念高まる産業機器のセキュリティ

IBM、ハイブリッドメインフレーム「zEnterprise System」を発表

文:Larry Dignan(ZDNet.com) 翻訳校正:中村智恵子、福岡洋一

2010-07-23 13:53

 IBMは米国時間7月22日、データセンターの分散化抑制と他のシステムとの橋渡しを目的とする、新しいハイブリッドメインフレーム「zEnterprise System」を発表した。

 IBM、Hewlett-Packard、Cisco Systems、Dell、Oracleといったハードウェア大手企業はいずれも、データセンターを現代的なものにし、クラウドコンピューティングへの橋渡しをするための製品(もしくは製品群)に取り組んでいる。IBMが目指したのは、他のシステムも管理できるように設計したハイブリッドメインフレームにより、データセンターを簡素化することだ。

 IBMがzEnterprise Systemを打ち出したことは、すでに競合他社がその戦略を鼻であしらっていただけに興味深い。IBMの最高財務責任者(CFO)Mark Loughridge氏は第2四半期決算を発表する電話会見の中で、新しいメインフレームのリリースに言及していた。

この記事は海外CBS Interactive発の記事を朝日インタラクティブが日本向けに編集したものです。

ZDNet Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

Special PR

特集

CIO

セキュリティ

スペシャル

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNet Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]