位置情報付きPDFを作成できる「GeoPDF」--日立ソフトとTerraGoが業務提携

藤井涼(編集部)

2010-07-27 18:51

 日立ソフトは7月27日、TerraGo Technologiesとロケーションインテリジェンスビジネスについて提携した。第1弾として、TerraGoの「GeoPDFソリューション」を提供開始する。

 ロケーションインテリジェンスビジネスは、地理空間情報(GIS)を専門知識なしでもビジネスに活用できる技術。

 GeoPDFは、地理空間情報付きのPDFを作成できるソリューション。位置情報付きのコメントを書き込んで「Google Earth」などで管理できる。ネットワークに依存しないため災害時でも利用できる。米国では、安全保障分野や危機管理分野を中心に1万以上の組織で利用されているという。

  • 位置情報付きのコメントを書き込める

  • 公共機関名を表示

 日立ソフトはGeoPDFの英語版を7月28日に発売し、10月からは日本語版を、2011年4月からは中国版、ロシア語版を23の国や地域で販売していく。また、GeoMationやStarBoardなど日立ソフトの既存製品、サービスと連携したソリューションを販売するほか、TerraGoへ一部出資も行うという。

  • 日立ソフト 執行役員の久慈正一氏

 日立ソフト 執行役員の久慈正一氏は、官公庁への先行導入事例を紹介し、「GeoPFDは台風や地震などの際に、中央政府と地方自治体、被災地を結ぶ重要なデータフォーマットになる」と説明する。また、将来的には地理空間情報を危機管理や農業、インフラ管理などで広く活用していきたいと語った。

 価格は、GeoPDF作成ソフト「TerraGo Publisher for ArcGIS」が39万7950円、編集ソフト「TerraGo Composer」が86万6250円。

ZDNET Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

ホワイトペーパー

新着

ランキング

  1. セキュリティ

    「デジタル・フォレンジック」から始まるセキュリティ災禍論--活用したいIT業界の防災マニュアル

  2. 運用管理

    「無線LANがつながらない」という問い合わせにAIで対応、トラブル解決の切り札とは

  3. 運用管理

    Oracle DatabaseのAzure移行時におけるポイント、移行前に確認しておきたい障害対策

  4. 運用管理

    Google Chrome ブラウザ がセキュリティを強化、ゼロトラスト移行で高まるブラウザの重要性

  5. ビジネスアプリケーション

    技術進化でさらに発展するデータサイエンス/アナリティクス、最新の6大トレンドを解説

ZDNET Japan クイックポール

注目している大規模言語モデル(LLM)を教えてください

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNET Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]