編集部からのお知らせ
新着:記事選集「エッジコンピューティング」
PDF Report at ZDNet:「文章を書くAI」

NEC、上海万博の公式ホテルに5カ国語対応のIP電話システムを導入

富永恭子(ロビンソン)

2010-09-14 17:25

 NECは9月14日、上海万博公式ホテルに認定されている高級ホテル「インターコンチネンタル上海EXPO」に、全館をカバーする大規模なIP電話システムを納入したことを発表した。

 同システムは、中大容量コミュニケーションサーバ「UNIVERGE SV8500」および、タッチパネル式の多機能IP電話機「UNIVERGE IP Phone DT750(DT750)」によって構成され、全客室となる400室に合計420台配備された。中国の企業にDT750を全面的に導入するのは、同社として今回が初めてだという。

 各客室のDT750は、中国語をはじめ、英語、日本語など5カ国語に対応しており、チェックインシステムと連携して、ゲスト名や国籍に応じた言語を自動的に表示する。また、電話機の画面からワンタッチでルームサービスやレストラン、コンシェルジュへの連絡や、万博会場の案内情報、近隣のショッピング情報、観光情報などを確認することが可能になる。

 インターコンチネンタル上海EXPOは、世界100カ国でホテルを運営するインターコンチネンタルホテルグループが5月に開業。NECは今後、北京や蘇州などにある同グループ傘下の他のホテルにも、IP電話を核としたユニファイドコミュニケーションシステムを順次展開していく予定という。

ZDNet Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

特集

CIO

モバイル

セキュリティ

スペシャル

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNet Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]