マカフィー、仮想化環境に特化したウイルス対策製品を発売

岩本有平(編集部) 2010年10月26日 18時14分

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 マカフィーは10月26日、仮想化環境に特化したセキュリティプラットフォーム「McAfee Management for Optimized Virtual Environments(MOVE)」の第1弾製品として、仮想デスクトップ向けのウイルス対策製品「McAfee MOVE Anti-Virus for Virtual Desktops(MOVE AV for Virtual Servers)」および仮想サーバ向けのウイルス対策製品「McAfee MOVE Anti-Virus for Virtual Servers(MOVE AV for Virtual Servers)」の提供を開始した。

 MOVEはマカフィーが6月に発表した仮想化環境のセキュリティ管理最適化ソリューション。マカフィー取締役 常務執行役員 マーケティング本部 本部長の畠中有道氏は、「クラウドというトレンドがある中で、仮想化は無視できない」とMOVEソリューションに取り組む経緯を説明する。またマカフィー SE本部 本部長の松木誠志氏も、ガートナーの発表を引用して「70%の企業や団体が、サーバの一部または全体を仮想化する予定があり、2012年までに5800万台の仮想デスクトップ市場が見込まれる」と加速する仮想化市場の現状を語る。

 しかしその一方で、セキュリティ設計が複雑化するほか、ハイパーバイザーを経由してマルウェアが拡散する可能性が生まれるなど、仮想化によって新たにセキュリティ上の課題が生まれていることを指摘。仮想化環境に適した、堅牢かつ運用性の高いセキュリティが必要だとした。

 MOVE AV for Virtual Desktopsでは、エージェントのみをインストールし、スキャン自体はMOVE Anti-Virus(AV)サーバで実行する。これによってハイパーバイザー上で稼働する仮想デスクトップの集積密度が既存製品の約3倍向上するほか、仮想デスクトップあたりのメモリ使用量が40Mバイト削減されたという(いずれも同社の社内測定値)。MOVE AVサーバでのスキャン時には、キャッシュを活用することでスキャンの重複を防ぐほか、サーバを二重化して耐障害性を高めることもできる。

 MOVE AV for Virtual Serversでは、ハイパーバイザーの負荷が高い場合にはスキャンの実行を延期するなど、業務とスキャンが競合してサーバのリソースが枯渇することを防ぐよう、最適化されている。オフライン環境の仮想マシンイメージをスキャンする「McAfee VirusScan Enterprise for Offline Virtual Images(VSE for OVI)」との混在環境にも対応する。いずれの製品も、MOVEの管理コンソール「McAfee ePolicy Orchestrator(ePO)」にてポリシーを一元管理できる。

  • 「MOVE Anti-Virus for Virtual Desktops」の特徴や構成

  • ウイルススキャンをサーバで処理することで負荷を軽減する

  • 「MOVE Anti-Virus for Virtual Servers」の特徴や構成

 価格はMOVE Anti-Virus for Virtual Desktopsが1ライセンス2520円(最低11ライセンスから。初年度サポート料込み)から、MOVE Anti-Virus for Virtual Serversが5万400円(最低1ライセンスから。初年度サポート料込み)からとなる。現時点ではMicrosoftの仮想化環境「Hyper-V」に対応していないが、今後対応する予定だという。

両製品の動作環境は以下の通り。

  • McAfee MOVE Anti-Virus for Virtual Desktops
    仮想化環境:Citrix XenDesktop、VMware View
    仮想デスクトップ:Windows XP SP2以降(32bit)、Windows 7(32bit/64bit)
  • McAfee MOVE Anti-Virus for Virtual Servers
    仮想化環境:Citrix XenServer 5.5、VMWare vSphere 4.0
    仮想システム:Windows XP(x86、AMD64)、Windows Vista(x86、AMD64)、Windows 7(x86、AMD64)、Windows 2003 Server(x86、AMD64)、Windows 2008 Server(x86、AMD64)、Windows 2008 R2(AMD64)

ZDNet Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

この記事を読んだ方に

関連キーワード
クラウドコンピューティング

関連ホワイトペーパー

SpecialPR

連載

CIO
ハードから読み解くITトレンド放談
大木豊成「仕事で使うアップルのトリセツ」
研究現場から見たAI
ITは「ひみつ道具」の夢を見る
内製化とユーザー体験の関係
米ZDNet編集長Larryの独り言
今週の明言
「プロジェクトマネジメント」の解き方
田中克己「2020年のIT企業」
松岡功「一言もの申す」
林 雅之「デジタル未来からの手紙」
谷川耕一「エンプラITならこれは知っとけ」
Fintechの正体
内山悟志「IT部門はどこに向かうのか」
情報通信技術の新しい使い方
三国大洋のスクラップブック
大河原克行のエンプラ徒然
コミュニケーション
情報系システム最適化
モバイル
通信のゆくえを追う
セキュリティ
企業セキュリティの歩き方
サイバーセキュリティ未来考
セキュリティの論点
ネットワークセキュリティ
スペシャル
Gartner Symposium
企業決算
ソフトウェア開発パラダイムの進化
座談会@ZDNet
Dr.津田のクラウドトップガン対談
CSIRT座談会--バンダイナムコや大成建設、DeNAに聞く
創造的破壊を--次世代SIer座談会
「SD-WAN」の現在
展望2017
IBM World of Watson
de:code
Sapphire Now
VMworld
Microsoft WPC
HPE Discover
Oracle OpenWorld
Dell EMC World
AWS re:Invent
AWS Summit
PTC LiveWorx
古賀政純「Dockerがもたらすビジネス変革」
さとうなおきの「週刊Azureなう」
誰もが開発者になる時代 ~業務システム開発の現場を行く~
中国ビジネス四方山話
より賢く活用するためのOSS最新動向
「Windows 10」法人導入の手引き
Windows Server 2003サポート終了へ秒読み
米株式動向
実践ビッグデータ
日本株展望
ベトナムでビジネス
アジアのIT
10の事情
エンタープライズトレンド
クラウドと仮想化