編集部からのお知らせ
解説集:台頭するロボット市場のいま
解説集:データ活用で考えるデータの選び方

あまり知られてないけど試す価値あり--Linuxオフィスアプリケーション10選

文:Jack Wallen(Special to TechRepublic) 翻訳校正:村上雅章・野崎裕子

2010-11-12 08:00

 ビジネス向けのLinuxアプリケーションはあまりにも数多く出回っているため、その中から必要なものを見つけ出すためには大変な労力が必要となるはずだ。本記事では、そういった労力を軽減するために、ラベルの作成から請求書の作成、Accessのデータ閲覧に至るまでの、さまざまな優良アプリケーションを紹介している。

 Linux向けアプリケーションの一覧を見たことのある方であれば、その数の膨大さはご存じだろう。このため、試用する価値のあるものを選別すること自体、ひと苦労である。特にオフィスアプリケーションを探し出すのは大変だ。これらのアプリケーションを何時間もかけて検討したものの、優れたものは数個しか見つからなかったということもあり得る。このため筆者は読者に代わって下調べを行い、目立ってはいないものの、仕事で実際に役立つアプリケーションを10個選び出してみた。こういったツールの適用範囲や目的はさまざまであるものの、いずれもビジネス上実際に役に立つものとなっている。

#1:PDF Chain

 PDF Chainは、PDFドキュメントの結合や分割を行ったり、PDFドキュメントに対する背景/透かしの設定やファイルの添付を行ったりすることのできる素晴らしいGUIツールである。これはpdftkのフロントエンドであり、gtkmmで記述されている。このツールでは、最高で26個までのPDFファイルを1つのファイルに結合することができる。また、ページを回転させたり、文書の権限設定や暗号化を行うこともできる。PDFドキュメントを扱うLinuxユーザーにとって、PDF Chainは必携のツールだと言えるだろう。

#2:gLabels

 gLabelsはGNOMEデスクトップ環境で動作する、驚くほど柔軟なラベル/名刺デザインツールである。このツールは、ほとんどのインクジェットプリンタおよびレーザープリンタのラベル用紙(ラベルシール)や名刺用紙に対応している。またgLabelsは、画像編集ソフトウェアに搭載されているものと同種のツールを用いてラベルや名刺をデザインできるだけでなく、ビジネスユーザーが重宝する差し込み印刷機能も提供している。

#3:Kraft

 Kraftは、ビジネス上のコミュニケーション文書の作成や管理を支援する、KDEのビジネス向けツールである。このツールは、請求書や提案書などの作成といった分野で威力を発揮する。また、顧客管理や、文書テンプレートの作成、計算処理、資料管理、PDFファイルの作成などにも重宝する。

ZDNet Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

Special PR

特集

CIO

セキュリティ

スペシャル

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNet Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]