編集部からのお知らせ
ZDNet Japanが新しくなりました!
New! 懸念高まる産業機器のセキュリティ

ノベル、買収された後もUNIXの著作権を保有へ

文:Josh Lowensohn (CNET News) 翻訳校正:編集部

2010-11-25 11:33

 Novellは米国時間11月24日、今後もUNIXの著作権について保有し続けると発表した。

 これはわずか2日前にAttachmateが22億ドルでNovellを買収する計画を発表したことを受けたものである。これと同時に、Novellが知的財産権の一部をMicrosoftによって組織された技術企業各社のコンソーシアムであるCPTN Holdingsに売却することも明らかにされている。

 Novellの最高マーケティング責任者(CMO)であるJohn Dragoon氏は24日、同社のウェブサイトで「Novellは、買収が完了し、Attachmateの子会社となった後も、UNIXの著作権を保有し続ける」と述べた。

 一方、今回の買収によりCPTN Holdingsに売却される予定の882件の特許およびその他の知的財産権の詳細については、まだ明らかになっていない。これらは、米証券取引委員会(SEC)に提出される申請書に記載される予定。専門家がCNETに述べたところでは、申請は今後数週間以内に行われる可能性もあるが、今回の買収の複雑さを考えると、数カ月程度かかる可能性が高いという。

 UNIXの著作権についてNovellの所有権を認めるかどうかは、2004年から開始されたSCO Groupとの間の激しい法廷闘争の中心的な問題であったが、2010年に入ってNovellに所有権を認める判決が下された。

この記事は海外CBS Interactive発の記事を朝日インタラクティブが日本向けに編集したものです。

ZDNet Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

Special PR

特集

CIO

セキュリティ

スペシャル

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNet Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]