編集部からのお知らせ
解説:1st ? 2nd ? 3rd ? データ活用での選択
セキュリティの懸念高まる産業用制御機器

リーナス・トーバルズ氏インタビュー:情報家電への取り組みを加速

富永恭子(ロビンソン)

2010-12-06 13:23

 財団法人NEC C&C財団による2010年度の「C&C賞」を、Linus Torvalds氏(Linux Foundationフェロー)が受賞した。

 「Linuxカーネルの開発とオープンな基本ソフトウェア開発モデルの提唱」という業績が評価されての受賞で、Torvalds氏は「とても誇りに思っている。Linuxは18年前、私の個人的なプロジェクトから始まって、現在世界に広まり、さまざまな用途で利用されている。このようなアワードを受賞したことで、自分が確かに何かを成し遂げたのだと実感することができる」と述べている。

 授賞式に出席するため来日したTorvalds氏は11月24日の午後、ANAインターコンチネンタルホテル東京で、ZDNet Japanの1時間にわたるインタビューに応じた。Torvalds氏に、カーネルサミットのあり方や、組み込み――特に家電分野でのLinux活用について聞いた。

Linus Torvalds氏 Linus Torvalds氏が着ているトレーナーには「King of the Geeks」の文字とLinuxのマスコットキャラ「Tux」

社会に欠かせない存在となったLinux

 Linuxの利用は現在、証券取引所や航空管制システム、スーパーコンピュータ、スマートグリッド、自動車、交通システムなど社会の重要なインフラや情報家電、さまざまなモバイルデバイスなど多岐にわたっており、それらにとって欠かせないものとなっている。

 いまやLinuxは、OSだけにとどまらず、将来のコンピューティングの土台を構築する重要な要素となっている。また、昨年は携帯機器向けソフトウェアプラットフォーム「MeeGo」をリリース。今後、さまざまなモバイル端末への採用が期待されている。

 オープンソースとして、国や地域を越えた多くの開発者によって支えられているLinuxは、約3カ月の間隔で新バージョンがリリースされている。2010年10月現在、Linuxカーネルは2.6.36が最新版として公開されているが、これまでに関わったカーネル開発者は1100人を超えたという。

講演よりも廊下での立ち話が重視されるカーネルサミット

ZDNet Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

Special PR

特集

CIO

セキュリティ

スペシャル

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNet Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]