編集部からのお知らせ
「ZDNet Japan Summit」参加登録受付中! 
新着記事集:「負荷分散」

通信事業者セキュリティサービス、海外進出企業にあわせた体制強化が必要

吉澤亨史

2010-12-17 14:45

 IDC Japanは12月16日、「国内通信事業者のセキュリティサービス市場規模予測」を発表した。2010年は前年比7.9%増の3099億円となる見込みであり、2011年には前年比12.3%増の3480億円になると予測している。

 2009〜2014年の市場規模推移を分析すると、年間平均成長率(CAGR)は12.4%で2014年の市場規模は5154億円に達する。内訳は、コンサルティングサービスが591億円(CAGRは11.3%)、システム構築サービスが1138億円(同8.4%)、システム運用管理サービスが3417億円(同14.1%)、教育・トレーニングサービスが7億円(同16.1%)と予測している。

 景気後退の影響から大型案件は凍結、延期されるケースが多かったが、リース会計基準の変更への対応やコスト削減を目的として、大企業では自前構築からアウトソーシングサービスへのシフトが継続しているという。一方、IT予算は抑制傾向が続いており、セキュリティサービスでも価格圧力が継続。セキュリティサービスの各機能を単体で提案すると、サービス機能ごとの価格比較となり、単価や利益率の低下が課題となっていると同社は分析している。

 また、生産、販売、開発の拠点として海外展開を進める企業が増加しており、グローバルにガバナンスを利かせる手段として、マネージドセキュリティサービスの需要が高まっていることを受け、グローバルキャリアは、M&Aや他社との提携を通じて、提供エリアの拡大やサービスの標準化への取り組みを進めていると説明している。

 同社コミュニケーションズ シニアマーケットアナリストである川上晶子氏は「事業者は価格競争を回避するため、幅広い品揃えによる総合提案や段階的なアウトソーシングへの移行プランの提案を行うことで、顧客あたりの単価を高め、収入基盤の拡大を図るべき」としており、またグローバル企業のニーズに対応できる体制作りも必要であるとしている。

ZDNet Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

特集

CIO

モバイル

セキュリティ

スペシャル

ホワイトペーパー

新着

ランキング

  1. クラウドコンピューティング

    Google Cloudセキュリティ基盤ガイド、設計から運用までのポイントを網羅

  2. セキュリティ

    仮想化・自動化を活用して次世代データセンターを構築したJR東日本情報システム

  3. ビジネスアプリケーション

    スモールスタート思考で業務を改善! 「社内DX」推進のためのキホンを知る

  4. セキュリティ

    Emotetへの感染を導く攻撃メールが多数報告!侵入を前提に対応するEDRの導入が有力な解決策に

  5. セキュリティ

    偽装ウイルスを見抜けず水際対策の重要性を痛感!竹中工務店が実施した2万台のPCを守る方法とは

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNet Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]