PandaLabs、サイバー犯罪のオンラインブラックマーケットの調査結果を発表

文:Lance Whitney(Special to CNET News) 翻訳校正:川村インターナショナル

2011-01-24 11:43

 Panda Securityのウイルス調査研究所であるPandaLabsは現地時間1月20日、盗まれた銀行口座情報やクレジットカード番号、パスワードなどを売買するブラックマーケットに関する調査結果(PDFファイル)を発表した。これらの違法行為の多くはオンラインストアやフォーラムを通して行われているが、FacebookやTwitterのアカウントを使って店を構えるケースもあるという。

 報告書によれば、基本的な銀行口座やクレジットカードの情報は、安いものでは1件2ドルで売られているが、これには実際の残高の保証がないという。小額の残高が保証されているものは80ドル、8万2000ドルの残高が保証されているものは700ドルで売られていたという。すでにオンラインショッピングやPayPalで利用されたものはさらに価格が上がると報告されている。また、デジタルデータ以外にも、複製されたクレジットカードが190ドルで、カード複製機が200ドルから1000ドルで、偽のATMが3500ドルから3万5000ドルで販売されていたという。

 PandaLabsは、データの盗難から身を守るために、請求書やクレジットカードの報告書を注意深く確認し、ATMのレシートは保管するか破り捨て、長期間外出するときは近所の人に郵便物の受け取りを頼み、オンラインでの買い物にデビットカードを使わず、最新のセキュリティソフトウェアを使用することを助言している。

この記事は海外CBS Interactive発の記事を朝日インタラクティブが日本向けに編集したものです。

ZDNET Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

ホワイトペーパー

新着

ランキング

  1. セキュリティ

    「デジタル・フォレンジック」から始まるセキュリティ災禍論--活用したいIT業界の防災マニュアル

  2. 運用管理

    「無線LANがつながらない」という問い合わせにAIで対応、トラブル解決の切り札とは

  3. 運用管理

    Oracle DatabaseのAzure移行時におけるポイント、移行前に確認しておきたい障害対策

  4. 運用管理

    Google Chrome ブラウザ がセキュリティを強化、ゼロトラスト移行で高まるブラウザの重要性

  5. ビジネスアプリケーション

    技術進化でさらに発展するデータサイエンス/アナリティクス、最新の6大トレンドを解説

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNET Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]