編集部からのお知らせ
ZDNet Japanが新しくなりました!
New! 懸念高まる産業機器のセキュリティ

インテルのマカフィー買収を欧州委員会が承認

文:Jack Clark(Special to CNET News) 翻訳校正:中村智恵子、長谷睦

2011-01-27 12:00

 チップメーカーのIntelがセキュリティ企業のMcAfeeを総額76億8000万ドルで買収する件で、独占禁止法関連の規制に当たる欧州委員会がこの計画を承認すると発表した。

 欧州委員会は現地時間1月26日、IntelのハードウェアがMcAfeeのセキュリティ製品を載せる場合について条件を課すことで、カリフォルニア州サンタクララに拠点を置く両社の買収案を承認した。

 欧州連合(EU)の規制当局は、他の企業のセキュリティソフトウェアが「IntelのCPUおよびチップセットと相互運用性を失うことによって不利益を被る可能性」を特に懸念していたという。

 欧州委員会の声明によると、Intel側はこうしたEUの懸念を和らげるため、競合するセキュリティベンダーについても、IntelのCPUおよびチップセットの機能をMcAfeeと同様に使えるよう、「全ての必要な情報」にアクセスさせることを確約したとのことだ。

この記事は海外CBS Interactive発の記事を朝日インタラクティブが日本向けに編集したものです。

ZDNet Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

Special PR

特集

CIO

セキュリティ

スペシャル

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNet Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]