編集部からのお知らせ
「ZDNet Japan Summit」参加登録受付中! 
新着記事集:「負荷分散」

クラウド環境だからこそ求められるセキュリティ対策 - (page 2)

福井順一(トレンドマイクロ)

2011-03-02 08:00

ライブマイグレーションにどう対応すべきか

 仮想環境では、仮想マシンを停止することなく、他のプラットフォームへ移動するライブマイグレーションを用いることで、プラットフォームを柔軟に変更することができる。例えば、データセンターAとBがあり、通常はデータセンターAにある物理サーバ上で仮想マシンが動作しているが、障害時や保守時にはデータセンターBの物理サーバへライブマイグレーションするという運用が想定される。

 ライブマイグレーションを利用してプラットフォームが移った場合には、仮想マシンが移動する先のセキュリティレベルを元の環境と均一化しておくべきといえる。つまり、ライブマイグレーションによりセキュリティレベルが低下することがないようにネットワークを構成する必要がある。

 その方法の1つが、ファイアウォール(FW)、ウェブアプリケーションファイアウォール(WAF)、IDSやIPSなど企業ポリシー上必要な製品を用意し、各仮想マシンによってポリシーを設定することだ。しかし、同一のネットワークセキュリティ製品をデータセンターごとに用意し、さらに各仮想マシンによってポリシーを設定することは、管理者にとって非常に手間がかかり、さらに製品コストも余計にかかってしまう。

 勿論FWなど必要最低限の対策が必要ではあるが、ライブマイグレーションを行う場合には仮想マシンにFW、WAF、IDSやIPSなどの機能を提供するエージェントをインストールして対策することが有効といえる。エージェントタイプであれば、プラットフォームが移動した場合にもセキュリティを確保できるためだ。

 仮想環境やクラウド環境へ移行する中で、さまざまなセキュリティリスクが浮上し対策を検討する必要がある。しかし、仮想環境やクラウド環境には、その環境に適した方法が存在する。次回は、仮想環境やクラウド環境の保護を目的とするトレンドマイクロの「Trend Micro Deep Security」を紹介する

福井順一(ふくいじゅんいち)

トレンドマイクロ株式会社

マーケティング本部 エンタープライズマーケティング部 ソリューションマーケティング課 プロダクトマーケティングマネージャー

2003年トレンドマイクロ入社。コアテクノロジーチームに所属し製品の品質検査及び解析エンジニアとして従事。その後、マーケティング本部に移動。xSP向けメッセージング製品のプロダクトマネージャを経て現在は「Trend Micro Deep Security」のプロダクトマーケティングマネージャーを担当。

編集:田中好伸

Twitterアカウント:@tanakayoshinobu

青森生まれ。学生時代から出版に携わり、入社前は大手ビジネス誌で編集者を務めていた。2005年に現在の朝日インタラクティブに入社し、ユーザー事例、IFRS(国際会計基準)、セキュリティなどを担当。現在は、データウェアハウス、クラウド関連技術に関心がある。社内では“編集部一の職人”としての顔も。

ZDNet Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

特集

CIO

モバイル

セキュリティ

スペシャル

ホワイトペーパー

新着

ランキング

  1. クラウドコンピューティング

    Google Cloudセキュリティ基盤ガイド、設計から運用までのポイントを網羅

  2. セキュリティ

    仮想化・自動化を活用して次世代データセンターを構築したJR東日本情報システム

  3. ビジネスアプリケーション

    スモールスタート思考で業務を改善! 「社内DX」推進のためのキホンを知る

  4. セキュリティ

    Emotetへの感染を導く攻撃メールが多数報告!侵入を前提に対応するEDRの導入が有力な解決策に

  5. セキュリティ

    偽装ウイルスを見抜けず水際対策の重要性を痛感!竹中工務店が実施した2万台のPCを守る方法とは

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNet Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]