編集部からのお知らせ
ZDNet Japanが新しくなりました!
New! 懸念高まる産業機器のセキュリティ

ソフトバンクホークス、Microsoft Dynamics CRMを導入

ZDNet Japan Staff

2011-05-09 18:06

 福岡ソフトバンクホークスマーケティングは、スポンサー企業に対する営業活動の蓄積と情報の社内共有によるソリューション提案への転換を目的に、日本マイクロソフトの統合型CRMソリューション「Microsoft Dynamics CRM」を導入したと発表した。営業部門50名の営業支援システムとして利用している。

 福岡ソフトバンクホークスマーケティングは、プロ野球球団である福岡ソフトバンクホークスのスポーツ施設等の経営・管理、各種メディアを利用した映像・音声・データ等のコンテンツ配信サービス等の営業やマーケティングを展開している。

 同社では、従来、個々の営業担当者の営業履歴を蓄積する仕組みがなかったため、顧客との関係について把握しにくい状況だったという。また、事業展開上からも「球場広告看板」や「年間指定席」などの商品軸での管理から、様々な商品を組み合わせて、個々のスポンサーに個別に「コンテンツを提供する」ソリューション提案へと転換する必要に迫られていたという。

 今回、営業支援システムとしてMicrosoft Dynamics CRMを導入することで、営業担当者は互いに連携し、スポンサー企業へ効果的な提案ができるようになったとのこと。加えて、各企業に合わせた個別の柔軟な販売をしながら、正確かつ容易に、商品軸および顧客軸それぞれでの活動履歴と売上の把握が可能になったとしている。また、スマートフォンと連携する事で、必要な時にいつでも情報の入力や確認ができるようになっているという。導入決定の際には、同社が現在、メールやスケジュール管理に活用している「Microsoft Outlook」と連携が可能で、普段使い慣れている仕組みの延長としてCRMが使える点が、特に高く評価されたとしている。導入に当たっては、日本マイクロソフトとイーシステムが協力して技術支援を行った。

 今後、同社では、グッズ販売や通販などを手掛けるコンシューマービジネス本部や野球興行やイベントを行うドーム運営本部など他の事業部門にもMicrosoft Dynamics CRMの適用範囲を広げ、全社顧客管理の基幹システムとして全社展開を図る予定という。

ZDNet Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

Special PR

特集

CIO

セキュリティ

スペシャル

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNet Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]