編集部からのお知らせ
「ZDNet Japan Summit 2020」開催します!
新着記事まとめ:エッジコンピューティング

メール誤送信:8割が経験、対策製品導入済み企業はわずか6%

田中好伸 (編集部)

2011-06-21 13:05

 メールの誤送信の経験者は8割、そのうちの7割以上が送信後10分以内に誤送信に気付いている――。日本プルーフポイントが6月21日に発表した調査結果からこうした実態が明らかになっている。

 メール誤送信経験者の11%は、関係者から指摘されることで誤送信に気付いていることも明らかになっている。誤送信対策製品を導入済みの企業は6%だが、検討中としている企業は7割に達しているという。有効な誤送信対策としては、54%が送信後の撤回機能、27%がメールの暗号化を挙げている。

 メールの誤送信は機密情報やメールアドレスの漏えいにつながる、セキュリティリスクの高い問題だが、実際に対策しているのは6%と、リスクの大きさに比べて少ないと、日本プルーフポイントは指摘。その背景として、これまでの誤送信対策が送る前のフィルタリングが中心で、送ってしまった後の対策については有効なソリューションがなかったためとしている。

 調査は、同社が出展した展示会やセミナーなどの参加者を中心に、2年間行ったもので、累計540人以上の回答を集計したもの。

ZDNet Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

特集

CIO

モバイル

セキュリティ

スペシャル

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNet Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]