在宅勤務:導入企業、3割が範囲拡大意向--社外でのPC利用にも3割が前向き

田中好伸 (編集部) 2011年06月24日 16時19分

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 矢野経済研究所の調べによると、すでに在宅勤務制度を導入している企業のうち24.4%が導入範囲を拡大させる意向を持っていることが明らかになっている。震災以後に実際に対象範囲を拡大した企業が8.1%とあわせると、在宅勤務の拡大意欲は32.5%になる(図1)。

 矢野経済研究所が6月24日に発表した「東日本大震災後の在宅勤務制度に関する調査結果2011」でそうした状況が明らかになっている。

図1 図1:在宅勤務制度の導入拡大意欲
※クリックすると拡大画像が見られます

 社外でPCを使った業務について「認めていない」や「特にルールを定めていない」企業にたいして、社外でのPC利用に対する意見を聞いてみると、「震災以後、許可するようになった」が1.8%、「ぜひ認めていきたい」が6.1%、「できれば認めていきたい」が20.8%と、合計28.7%が前向きな意見を持っているという(図2)。

図2 図2:社外でのPC利用の変化
※クリックすると拡大画像が見られます

 今回の震災では、従業員が計画停電で出勤できなかったために、会計処理などの事業業務の遅延が発生した企業がいると指摘されている。事務・スタッフ部門は一般的にデスクトップPCを活用した内勤であり、セキュリティの観点から重要業務ほど外部からのアクセスが主流となっている。その結果として、震災以後に従業員が出勤できずに業務がこなせないという事態になってしまっている。

図3 図3:事務部門の外部アクセス環境の構築意欲
※クリックすると拡大画像が見られます

 事業継続性という観点からみると、重要業務の従業員ほど社外から自社システムにアクセスする環境が必要になっているというのが、震災後の状況だ。矢野経済研究所は、社外からのアクセス環境整備についての対応意欲も聞いている。「震災以前に対応済み」が5.2%、「震災後に対応した」が2.7%、「コストをかけても重要業務に携わる従業員には、そうした環境を提供すべき」が30.5%となっており、計38.4%の企業が事務部門での外部アクセス環境整備に実施済みか前向きであるとしている(図3)。調査は売上高1億円以上の企業600社を対象に5月にウェブでのアンケートで行われた。

ZDNet Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

この記事を読んだ方に

連載

CIO
IT部門の苦悩
Rethink Internet:インターネット再考
インシデントをもたらすヒューマンエラー
トランザクションの今昔物語
エリック松永のデジタルIQ道場
研究現場から見たAI
Fintechの正体
米ZDNet編集長Larryの独り言
大木豊成「仕事で使うアップルのトリセツ」
山本雅史「ハードから読み解くITトレンド放談」
田中克己「2020年のIT企業」
松岡功「一言もの申す」
松岡功「今週の明言」
内山悟志「IT部門はどこに向かうのか」
林 雅之「デジタル未来からの手紙」
谷川耕一「エンプラITならこれは知っとけ」
大河原克行「エンプラ徒然」
内製化とユーザー体験の関係
「プロジェクトマネジメント」の解き方
ITは「ひみつ道具」の夢を見る
セキュリティ
「企業セキュリティの歩き方」
「サイバーセキュリティ未来考」
「ネットワークセキュリティの要諦」
「セキュリティの論点」
スペシャル
ざっくりわかるSNSマーケティング入門
課題解決のためのUI/UX
誰もが開発者になる時代 ~業務システム開発の現場を行く~
「Windows 10」法人導入の手引き
ソフトウェア開発パラダイムの進化
エンタープライズトレンド
10の事情
座談会@ZDNet
Dr.津田のクラウドトップガン対談
Gartner Symposium
IBM World of Watson
de:code
Sapphire Now
VMworld
Microsoft WPC
Microsoft Connect()
HPE Discover
Oracle OpenWorld
Dell EMC World
AWS re:Invent
AWS Summit
PTC LiveWorx
より賢く活用するためのOSS最新動向
古賀政純「Dockerがもたらすビジネス変革」
中国ビジネス四方山話
ベトナムでビジネス
米株式動向
日本株展望
企業決算