スカパーJSAT、データセンター間レプリケーションでシステム負荷を分散

田中好伸 (編集部)

2011-08-09 19:49

 スカパーJSATは、リアルタイムデータ統合ソフトウェア「Oracle GoldenGate」を活用して、データセンター間のレプリケーションによる負荷分散を実現して、新情報活用基盤システムを稼働させた。日本オラクルが8月9日に発表した。

 スカパーJSATは、有料多チャンネル事業「スカパー!」の事業拡大による顧客情報管理システムのデータの大幅な増加と、コールセンターや営業部門などシステム利用者の増加に伴い、既存システムへの負荷が高まっていたという。だが、既存システムを停止して移行させると事業活動への影響が懸念される。

 同社は2010年5月にGoldenGateの採用を決定して、新たに別のデータセンターにシステムを構築して、既存システムとのレプリケーションを行うことで、既存システムへの負荷を分散して、より性能の高いシステムを実現したという。これによって、マーケティングや顧客サービスの向上を目的にした顧客データベースを新たに構築して、さらなる情報活用の促進が可能になったとしている。

 GoldenGate採用のポイントは、データ連携環境の構築時の導入や設定の容易さ、データ連携に伴う既存システムへの影響の最小化、高速なレプリケーション、データベースのバージョンの違いにとらわれないレプリケーションの実現――としている。

ZDNET Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

ホワイトペーパー

新着

ランキング

  1. ビジネスアプリケーション

    【マンガ解説】まだ間に合う、失敗しない「電子帳簿保存法」「インボイス制度」への対応方法

  2. ビジネスアプリケーション

    きちんと理解できていますか?いまさら聞けないインボイス制度の教科書

  3. 経営

    ヒヤリハット管理--トラブル防止のデジタル化でもたらされるメリットとは?具体的なイメージを紹介

  4. セキュリティ

    マンガでわかる―Webサイトからの情報搾取を狙うサイバー攻撃「SQLインジェクション」、どう防ぐ?

  5. セキュリティ

    緊急事態発生時にセキュリティを維持するための8つの戦略と危機管理計画チェックリスト

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNET Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]