スティーブ・ジョブズに関する走り書き--元海外デスクが見たジョブズ

坂和 敏 2011年10月06日 20時06分

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 今朝、ZDNet Japanの冨田編集長から突然メールが送られてきた。亡くなられたSteve Jobs氏について何か書けという。林(信行)さんをはじめとする割と身近な方々から、マクドナルドの原田泳幸社長など名前しか存じ上げない人まで、日本にももっと適役な人たちがいるだろう。

 そんな考えも思い浮かんだが、「別にお悔やみ記事などかしこまったものを書けといってるわけではない。好きなことを書けばいい」との仰せもあり、また「次の機会」がないことも確実にわかっている話題でもある。

 そうしたことでお引き受したのが、以下の走り書きである。

ジョブズにぶつけた質問

 Jobs氏にはその昔、一度だけ直接質問したことがあった。同氏についての個人的な思い出として想い浮かぶのは、ますそのことである。2003年11月末の、アップルストア銀座の開店を控えて同社が開催した記者発表会でのことだった(スティーブ・ジョブズ、「銀座で”待ち伏せ”」)。

 当時、CNET Japan編集部に籍を置いていた私は、ふだんは朝方から夕方暗くなるまでモニターの前に張り付き、それこそ雪かきのように英語の記事を読んでは翻訳して公開する「海外デスク」職をしていた。そのため、外に取材に出ることは滅多になかったが、一向に飽きもせずにApple関連の話を来る日も来る日も朝一番に出していたようなこともあってか、若い同僚の誰かが気を利かせ、「よければ行ってきませんか」と声をかけてくれたのだったかと思う。

 無論その時点では、Jobs氏が姿を見せることは内密にされていたはずなので、こちらも案外気楽な気持ちで、それこそ「物見遊山もかねて」くらいの心づもりで出かけていったような覚えがある。

ZDNet Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

この記事を読んだ方に

関連ホワイトペーパー

SpecialPR

連載

CIO
トランザクションの今昔物語
研究現場から見たAI
Fintechの正体
米ZDNet編集長Larryの独り言
大木豊成「仕事で使うアップルのトリセツ」
山本雅史「ハードから読み解くITトレンド放談」
田中克己「2020年のIT企業」
松岡功「一言もの申す」
松岡功「今週の明言」
内山悟志「IT部門はどこに向かうのか」
林 雅之「デジタル未来からの手紙」
谷川耕一「エンプラITならこれは知っとけ」
大河原克行「エンプラ徒然」
内製化とユーザー体験の関係
「プロジェクトマネジメント」の解き方
ITは「ひみつ道具」の夢を見る
セキュリティ
「企業セキュリティの歩き方」
「サイバーセキュリティ未来考」
「ネットワークセキュリティの要諦」
「セキュリティの論点」
スペシャル
課題解決のためのUI/UX
誰もが開発者になる時代 ~業務システム開発の現場を行く~
「Windows 10」法人導入の手引き
ソフトウェア開発パラダイムの進化
エンタープライズトレンド
10の事情
座談会@ZDNet
Dr.津田のクラウドトップガン対談
展望2017
Gartner Symposium
IBM World of Watson
de:code
Sapphire Now
VMworld
Microsoft WPC
Microsoft Connect()
HPE Discover
Oracle OpenWorld
Dell EMC World
AWS re:Invent
AWS Summit
PTC LiveWorx
より賢く活用するためのOSS最新動向
古賀政純「Dockerがもたらすビジネス変革」
中国ビジネス四方山話
ベトナムでビジネス
米株式動向
日本株展望
企業決算