編集部からのお知らせ
解説集:台頭するロボット市場のいま
解説集:データ活用で考えるデータの選び方

無線LANで「暗号化しているかどうか分からない」が3割--IPA調べ

吉澤亨史

2011-12-20 16:44

 独立行政法人情報処理推進機構(IPA)は12月20日、ネット利用者を対象に実施した「2011年度情報セキュリティの脅威に対する意識調査」の報告書を公開した。調査結果によると、スマートフォン利用者の約5割がウイルス感染による不正利用やデータの盗難・漏えいに不安を感じている一方で、約2割の利用者はウイルスの存在を知らないことが明らかになった。

 不安要素の上位は「スマートフォン本体の紛失・盗難(64.4%)」「ウイルス感染による不正利用(55.3%)」「データ盗難・漏えい(52.3%)」となっており、いずれも前回(2010年10月)の調査より増加している。特に「ウイルス感染による不正利用」は、前回の39.5%から急増している。「感染の有無がわからない」との回答が14.5%あり、感染を認識していない利用者が存在する可能性もある。

 自宅での無線LAN利用者が増加傾向にあるが、暗号化の実施率は約6割に留まり「暗号化を行っているかどうかわからない」という回答が31.5%に達した。

 フィッシングなどの身近な脅威の認知度は高い一方で、大々的に報道された直後でも標的型攻撃の認知度は5割を下回った。初心者ではセキュリティへの関心が低いこと、セキュリティ対策未実施者が依然として存在することも明らかになっている。

 調査は情報セキュリティに関する対策情報の発信、普及啓発などの活動に役立てることを目的としている。10月24~31日、15歳以上のPCでネットを利用するユーザーを対象にウェブアンケートで調査した。有効回答数は5240人。

ZDNet Japanでは現在、サイバー攻撃に関する意識調査を実施中です。

ZDNet Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

Special PR

特集

CIO

セキュリティ

スペシャル

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNet Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]