編集部からのお知らせ
ZDNet Japanが新しくなりました!
New! 懸念高まる産業機器のセキュリティ

サイオス、クラウド事業強化で体制変更--財務管理SaaSも展開

大川 淳

2012-06-19 12:22

 サイオステクノロジーは6月18日、クラウド市場での事業を強化するために、グループ体制を大幅に変更することを発表した。

 7月1日からSaaS「Google Apps」を中心とした事業を子会社のグルージェントに移管し、グルージェントをGoogle Appsのリセール、クラウド分野専業の事業会社にして、サイオスでクラウド事業に携わっていた要員もグルージェントに集約する。財務管理・分析SaaS「Adaptive Planning」の販売も開始する。

 グルージェントは、これまでのGoogle Apps向けのSaaS事業である「Gluegent Gate」や「Gluegent Appsシリーズ」の開発と提供に加え、Google Appsや「Salesforce.com」のリセールなど、クラウド製品の販売も事業として展開し、30人の専任者をサイオスのグループ内から集め、そのうち10人は研究・開発を担当する。

写真1 喜多伸夫氏

 今後、新規採用も含め、要員数をおよそ倍増させる意向だ。サイオステクノロジー社長の喜多伸夫氏は「スマートデバイスの導入、ソーシャルメディアの活用など、企業活動を取り巻く環境は大きく変化しており、これらの要素を積極的に取り込み、ワークスタイルの変革を支援できる企業になることを目指す」と話す。

 サイオステクノロジーの考えるワークスタイル変革は、Google Appsが一つの軸となる。Gluegent Appsシリーズの「Glugent Apps Work Flow」はワークフローの基本機能を網羅し、システムのコントローラとしての役割を果たすが、ソーシャルメディアとの連携機能も大きな特徴であり、Facebookに投稿する機能も搭載し、Facebookに書き込みがあると、タスクが自動的に起動する機能などを備えている。

写真2 栗原傑享氏

 グルージェント社長の栗原傑享氏は「最近では、TwitterやFacebookをマーケティングなどに活用することはごく普通のことであり、ソーシャルメディアはもはや、業務の一部になっており、これらの関連システムにもバックエンドの仕組みが必要になる」と指摘する。

 Adaptive Planningは企業や団体の予算編成や予算実績管理、分析を実行できるSaaS。従来、企業の予算策定や業績見通しなどは、手作業を中心しており、Excelなどの表計算ソフトが用いられてきたため、作業の共同化が困難だった。

 大規模ソリューションも多用されているが、導入コストが高額となるほか、IT部門による導入の手間や時間がかかるなどの課題を抱えていた。米Adaptive Planningの日本法人であるアダプティブ・プランニングでカントリーマネージャーを務める吉岡賢司氏がこう説明する。

写真3 吉岡賢司氏

 「Adaptive Planningは、導入コストが低く、専用アプリケーションにより、できるだけ入力ミスを少なくすることが可能であり、予算策定、業績見通し管理を行う際の“予算、見通し、実績”というサイクルの比較分析を可視化し、クラウド上での共同作業により、業務効率を改善することも可能になる。Adaptive Planningは25カ国以上、1350社、2万5000人を超えるユーザーが利用している」

 喜多氏は「Google Appsは2008年から扱っているが毎年、倍々ゲームで成長している。クラウド事業もその勢いで、Glugent Apps Work FlowやAdaptive Planningでさらに加速していきたい」と意気込む。

ZDNet Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

Special PR

特集

CIO

セキュリティ

スペシャル

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNet Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]