編集部からのお知らせ
新着記事まとめ:アジャイル開発が支えるDX
新しい働き方の関連記事はこちら

エクサ、PowerLinuxとApache Solrによる検索ソフトウェアを提供

怒賀新也 (編集部)

2012-11-06 12:35

 エクサは11月5日、日本IBMのLinux専用サーバ「IBM PowerLinux」と仮想化機能「PowerVM for PowerLinux」上で、オープンソースソフトウェア(OSS)の検索エンジン「Apache Solr」を組み合わせた検索ソフトウェアを提供する新サービスを開始すると発表した。OSSによる低コスト運用と、処理速度、拡張性の高さが特徴としている。

 サービス名は「Solr on PowerLinux 仮想化スタートパック」。ハードウェアとソフトウェア、基本的なサービスを統合した。エクサは併せて、社内にコンピテンシーセンタを設立し、顧客企業がより低コストでシステムを運用できるようにする。さらに、Apache Solrの保守やトレーニングを手掛けるロンウイットと協業することも併せて明らかにした。

 現在、企業のIT分野では、社内に蓄積した大規模なデータをビジネスに活用するいわゆるビッグデータの取り組みを強化しており、そこで挙がるコストやパフォーマンスの維持といった問題を、今回のサービスが解決できるとしている。

ZDNet Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

特集

CIO

モバイル

セキュリティ

スペシャル

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNet Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]