編集部からのお知らせ
ZDNet Japanが新しくなりました!
New! 懸念高まる産業機器のセキュリティ

コクヨ、グループウェアと業務DBをクラウドに移行--働き方を変革

田中好伸 (編集部)

2012-11-21 15:52

 コクヨグループは業務プラットフォームをクラウドに移行させた。企業情報ポータル(EIP)型グループウェア「INSUITE」とビジネスプロセス管理(BPM)型ウェブデータベース(DB)「ひびきSm@rtDB」をIaaS「ニフティクラウド」で10月から稼働させている。ドリーム・アーツとニフティが11月21日に発表した。

 コクヨグループは、2020年に売り上げの3割を海外実績にすることを目標に、グローバル視点の醸成と従業員の生産性向上を図っている。場所や時間の制約を受けない未来の働き方を変革するために、すでに導入を決定しているタブレット端末の業務活用やグローバル化を見据えて、業務プラットフォームを再構築する必要があったという。

 ニフティクラウドに移行したシステムは、グループ会社のイントラネットや業務サイトを統合するためのINSUITEと、20年近く現場で育ててきた業務DB群1000個以上が実装されているひびきSm@rtDBだ。

 コミュニケーションツールや業務のプラットフォームをクラウドに移行したことで、ネットワークやセキュリティの制約から解放され、いつでもどこでも同レベルの業務パフォーマンスが発揮できるようになっていると説明している。システム部門はインフラやアプリケーションの運用維持にかかる負荷を削減でき、より戦略的な情報活用に注力できるようになっているという。

 ニフティクラウドにはファイアウォールなどさまざまなセキュリティ機能があり、さらに国内のデータセンターで運用されているため、安全な業務プラットフォームだと評価。コントロールパネルから容易にサーバを追加し、各種のオプションを設定できるため、利用者増加や利用シーンの変化にも柔軟に対応できるとメリットを説明している。

ZDNet Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

Special PR

特集

CIO

セキュリティ

スペシャル

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNet Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]