編集部からのお知らせ
解説集:台頭するロボット市場のいま
解説集:データ活用で考えるデータの選び方

小売りの現場がモバイルとビッグデータの連動で変わる--SAP幹部

末岡洋子

2013-03-28 18:00

 インメモリデータベース「SAP HANA」で企業システム刷新を呼びかけるSAPが、HANAをまた一歩進化させた。SAPはHANAのビックデータ対応として、Intelが発表したHadoopディストリビューションのサポートを2月末に発表した。

 これにSAPのモバイル戦略が交わることで、ビックデータをリアルタイムにモバイル端末で活用できるソリューションをつくれるという。HANAのビックデータとモバイル戦略について、スペイン・バルセロナで開催された「Mobile World Congress 2013」で、同社ビックデータ担当グローバルトップのDavid Jonker氏に聞いた。

ビックデータ担当グローバルトップのDavid Jonker氏
ビックデータ担当グローバルトップのDavid Jonker氏

--企業におけるモバイル対応や戦略はどのぐらい進んでいるのか。SAPはどのようなソリューションを提供するのか。

 モビリティで最初に得られるのは基本的な生産性。その次がコラボレーションで、モバイルを利用してどうやってコラボレーションするか。多くの企業はこの段階にある。われわれがその先として用意するのが情報のリアルタイム分析だ。

Burberryは店舗で新製品情報をプッシュ告知

 小売りでのモバイルアプリの活用として、顧客が店に入ったらプロモーションや新製品の告知など、情報をプッシュするサービスが考えられる。「Burberry」などが既に着手しており、ショップに入った顧客に過去の商品についてのケアや、購入履歴に基づいたオススメ商品などを提供するソリューションを構築している。

 スポーツチームなら、スタジアムに来たファンに対してアプリを通じて体験を拡張するようなサービスを提供できる。例えば、スタジアムで販売しているグッズの紹介でもいいし、ソーシャルの要素を入れて試合についてほかのファンの意見を共有するといったことも考えられる。このようなモバイルアプリは、体験をよりリッチにしてチームとファンとの結びつきを強くできる。

 だが、特定の顧客に対し、何をプッシュするかを決めるためには、情報をリアルタイムで分析する必要がある。ここでわれわれが提案するのがHANAだ。HANAはOLTP、OLAPに対応し、情報をリアルタイムに収集するだけではなく、分析も可能だ。モバイルとHANAの組み合わせにより、インメモリ技術による高速処理のメリットをさらに拡大していく。

MWCでは昨年より大きなブースを構えたSAP。ブース内に本物のFormula 1が登場。車本体に装着した250以上のセンサーから情報を収集、HANAを利用してモバイル端末上からリアルタイムで分析する様子を披露していた。
MWCでは昨年より大きなブースを構えたSAP。ブース内に本物のFormula 1が登場。車本体に装着した250以上のセンサーから情報を収集、HANAを利用してモバイル端末上からリアルタイムで分析する様子を披露していた。

ZDNet Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

Special PR

特集

CIO

セキュリティ

スペシャル

ホワイトペーパー

新着

ランキング

  1. クラウドコンピューティング

    AI導入に立ちはだかる「データ」「複雑さ」「コスト」「人材」の壁をどう乗り切ればいいのか?

  2. クラウドコンピューティング

    【IDC調査】2026年には75%のアプリがAIを実装!導入で遅れた企業はどう“逆転”すべきか?

  3. 運用管理

    経産省調査で明らかに:未だにレガシーシステムを抱える企業が8割!オープン化でよくある課題とは?

  4. 運用管理

    AWS東京リージョンの大規模障害に学ぶ、パブリッククラウド上のシステムの迅速な復旧方法

  5. windows-server

    【ユースケース】ソフトウェア開発にDell EMCインフラ+コンテナを使うメリット

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNet Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]