編集部からのお知らせ
「ZDNet Japan Summit」参加登録受付中! 
新着記事集:「負荷分散」

ドコモ、サーバ管理技術を開発--クラウド応答時間を最大50%短縮

松田真理 (マイカ)

2013-04-08 19:38

 NTTドコモは4月8日、クラウドサービスの性能を向上させる新技術を開発したことを発表した。クラウドサービスの応答時間を最大50%短縮させるサーバ管理技術を開発、ソースコードを「OpenStack Foundation」に提出した。OpenStack Foundationは、クラウド基盤を構築するオープンソースの作成を推進している団体でIntelやNEC、HP、Rackspace、NTTデータなど850社以上が参加している。

 このソースコードは、クラウド基盤管理ソフトウェア「OpenStack」の最新版である「Grizzly」の標準機能として導入され、OpenStack Foundationが4月4日に公開したという。OpenStackは、仮想化技術を利用して、1台の物理サーバを複数のサーバのように動作させ、ユーザーが利用するクラウドサービスごとに割り当てるクラウド基盤のソフトウェアだ。

 今回開発したサーバ管理技術は、応答時間の遅延の原因となっていた仮想化技術を利用せず、OpenStack上で物理サーバを直接サービスごとに割り当てられる点が特徴。これにより、一般的なクラウドサービスの応答時間を約10~50%まで改善できるとしている。

 新技術を活用すれば、利用状況に応じて仮想化サーバと物理サーバのクラウド基盤を切り替えられるという。仮想サーバ向けのOpenStack APIとの互換性があり、仮想サーバ制御に利用していたソフトウェアを変更することなく、物理サーバ向けに流用できると説明。OpenStackの拡張性を活用した、数百台規模の物理サーバも管理でき、多数のサーバに対してOSのインストールやアップデートが可能とメリットを説明している。

 NTTドコモは2012年からOpenStack Foundationに参加。物理サーバをクラウド基盤で制御するための技術「General Bare-Metal Provisioning Framework」の仕様作成やソースコードの提供などを行ってきた。

ZDNet Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

特集

CIO

モバイル

セキュリティ

スペシャル

ホワイトペーパー

新着

ランキング

  1. クラウドコンピューティング

    Google Cloudセキュリティ基盤ガイド、設計から運用までのポイントを網羅

  2. セキュリティ

    仮想化・自動化を活用して次世代データセンターを構築したJR東日本情報システム

  3. ビジネスアプリケーション

    スモールスタート思考で業務を改善! 「社内DX」推進のためのキホンを知る

  4. セキュリティ

    Emotetへの感染を導く攻撃メールが多数報告!侵入を前提に対応するEDRの導入が有力な解決策に

  5. セキュリティ

    偽装ウイルスを見抜けず水際対策の重要性を痛感!竹中工務店が実施した2万台のPCを守る方法とは

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNet Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]