顕在化するガスや水道など社会インフラ危機--制御システムへのサイバー攻撃

田中好伸 (編集部) 2013年04月25日 12時54分

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 電力やガス、水道など社会生活を支える重要インフラに対する危機がいよいよ顕在化してきた。2010年に検知されたマルウェア「Stuxnet」は、イランの核関連施設を狙ったものと指摘されており、2010年以降、サイバー空間の脅威は、社会基盤に広がりを見せている。

 トレンドマイクロは重要インフラに含まれる産業制御システム(Industrial Control Systems:ICS)に対するサイバー攻撃の実態を調査。4月24日に結果を分析したレポート「産業制御システムへのサイバー攻撃 実態調査レポート」を公開した。

 調査では、水道設備のインフラ制御システムに見せかけた、おとりのシステム“ハニーポット”を2012年11月にネット上に公開した。公開から18時間後に最初の攻撃の兆候が見られた。公開から28日間で合計39件の攻撃が確認された。攻撃元のIPアドレスを調べると、最も多いのが中国(約39%)、次いで米国(約18%)からの攻撃であり、日本国内からとみられる攻撃も確認された。

 攻撃の内容を分析すると、水道設備の稼働状況を診断するためのファイルに不正にアクセスして改変しようとするものや、ポンプ作動システムを冷却するためのCPUファン速度を改変しようとするものが含まれていた。これらの攻撃はICSを乗っ取り、システムに障害を引き起こそうとする、意図的な攻撃と推測することができる。攻撃が実際のインフラシステムに展開された場合、社会生活に大きな影響を及ぼす恐れがあることは言うまでもない。

 調査では、同じ攻撃者から複数回にわたって、実行されていると推測されることも確認された。ある脆弱性を狙った攻撃に一度失敗すると、次の攻撃では別の脆弱性が狙われた。攻撃が成功するまで執拗に続けており、攻撃者は明確な目的を持っていることがうかがわれるという。

 ICSを含む重要インフラのシステムは、独自のOSやプロトコル、閉鎖網での運用が中心だった。だが、近年は汎用OSで標準プロトコルの採用、外部のネットワークとの接続、外部記憶媒体を用いたデータ交換などのオープン化が進んでいる。

 こうした重要インフラのオープン化を攻撃者は狙っており、以前よりも攻撃しやすくなっているのが現状だ。

ZDNet Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

この記事を読んだ方に

関連ホワイトペーパー

連載

CIO
インシデントをもたらすヒューマンエラー
トランザクションの今昔物語
エリック松永のデジタルIQ道場
研究現場から見たAI
Fintechの正体
米ZDNet編集長Larryの独り言
大木豊成「仕事で使うアップルのトリセツ」
山本雅史「ハードから読み解くITトレンド放談」
田中克己「2020年のIT企業」
松岡功「一言もの申す」
松岡功「今週の明言」
内山悟志「IT部門はどこに向かうのか」
林 雅之「デジタル未来からの手紙」
谷川耕一「エンプラITならこれは知っとけ」
大河原克行「エンプラ徒然」
内製化とユーザー体験の関係
「プロジェクトマネジメント」の解き方
ITは「ひみつ道具」の夢を見る
セキュリティ
「企業セキュリティの歩き方」
「サイバーセキュリティ未来考」
「ネットワークセキュリティの要諦」
「セキュリティの論点」
スペシャル
ざっくりわかるSNSマーケティング入門
課題解決のためのUI/UX
誰もが開発者になる時代 ~業務システム開発の現場を行く~
「Windows 10」法人導入の手引き
ソフトウェア開発パラダイムの進化
エンタープライズトレンド
10の事情
座談会@ZDNet
Dr.津田のクラウドトップガン対談
Gartner Symposium
IBM World of Watson
de:code
Sapphire Now
VMworld
Microsoft WPC
Microsoft Connect()
HPE Discover
Oracle OpenWorld
Dell EMC World
AWS re:Invent
AWS Summit
PTC LiveWorx
より賢く活用するためのOSS最新動向
古賀政純「Dockerがもたらすビジネス変革」
中国ビジネス四方山話
ベトナムでビジネス
米株式動向
日本株展望
企業決算