編集部からのお知らせ
オススメ記事選集PDF:「ジョブ型」へのシフト
「ニューノーマル」に関する新着記事一覧

パロアルト、APT攻撃対応アプライアンス--パブリッククラウドの機能を内蔵

2013-06-18 16:17

 パロアルトネットワークスは6月18日、持続的標的型攻撃(APT)を検出、分析、防御するするためのアプライアンス「Palo Alto Networks WF-500」を発表した。価格は未公表。すでに提供されている。

 パロアルトはファイアウォール製品を提供しており、ユーザー企業はパブリッククラウドベースの防御システム「WildFire」を無償で利用できる。WildFireでは、ファイアウォールが不審なファイルを検出すると、ファイルがアップロードされ、パロアルトのシステムと専門家が分析する。

 マルウェアやAPTと判定されると、ファイルのシグネチャが生成され、WildFireを利用しているユーザー企業のファイアウォールに自動で送信される。こうした仕組みを取ることで、亜種を含む新種のマルウェアから防御できるとともに、マルウェアが生成するトラフィック、マルウェアを制御するコマンド&コントロールサーバとのトラフィックなども防げる。

 今回のアプライアンスは、WildFireの機能をユーザー企業のネットワーク内部で実行できるというもの。不審なファイルの検出、分析、排除をユーザー企業のプライベートクラウド内部で実行できる。分析結果をパブリッククラウドのWildFireに送信する機能やWildFireから最新のシグネチャを受信する機能も利用できる。

 WF-500は、パブリッククラウドであるWildFireを導入できないユーザー企業への対応を目的に設計。包括的な脅威検出とサンドボックス分析機能をユーザー企業が所有するプラットフォームで実行できる。同社では、今回のアプライアンスについて、APTを検出から分析、防御までを迅速に徹底して行う“クローズドループ型”プラットフォームという言葉で表現している。

ZDNet Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

特集

CIO

モバイル

セキュリティ

スペシャル

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNet Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]