データはビジネス資産かIT資産か--日本と欧米で異なる考え方

大川淳

2013-06-24 07:30

金融業の最重要課題はコンプライアンス

 全世界的に事業展開する金融サービス業界向けに、データ管理、データ統合のソリューションを提供しているInformaticaは、この領域で知られる存在だ。同社で、銀行、金融市場、保険関連のソリューションに関する責任者として。金融サービス・ソリューション・ディレクターを務める、Peter Ku氏に、同社の戦略、最近の金融業界の動向などについて聞いた。

--金融業界が抱える昨今の課題はどのようなものか。

Informaticaの金融サービス・ソリューション・ディレクターを務める、Peter Ku氏
Informaticaの金融サービス・ソリューション・ディレクターを務める、Peter Ku氏

 米国、欧州、アジアの金融機関を対象に調査したところ、3つの優先課題が浮上した。銀行はグローバル展開をしているところが増えてきたので、彼らの優先課題は概ね共通している。全体としては、規制や法律を順守するということだ。透明性を担保するために必要になる。米国ではDodd-Frank法(ウォール街改革・消費者保護法)、業界全体ではバーゼルIII(自己資本比率規制)などに、きちんと対応しなけらばならない。

 2つ目は売り上げを伸ばすだけでなく、高い収益性が見込める顧客との取引関係を維持すること。3つ目は、競争優位性を保つと同時に利幅を確保していけるようにコストを抑制することだ。

--それに対しITへの投資の仕方はどうなっているか。

 近年、企業は特にビッグデータ解析、新たなコンプライアンス施策などへの投資をしている。調査会社の見通しでは、企業のIT投資は2013年、前年対比で4~6%増だという。中でも、コンプライアンスとリスク管理が一番重視されている。課題は保険業界も似たようなもので、売上増加やコスト低減化、リスク、コンプライアンス管理の改善などが挙げられる。

 しかし、技術投資の行く先はいささか異なっている。保険業の場合、ビジネスインテリジェンス(BI)、ビジネスアナリティクス(BA)には意識して投資している。また、20年から30年くらい使用してきたレガシー資産を、モダンな技術、最新のアーキテクチャに置き換えているところだ。また、運用、ビジネスプロセスのアウトソーシングも活発であるほか、携帯電話なども含め、既存のチャネルへの情報統合も図っている。

 アナリストによれば、保険業でもIT投資は、3~5%程度増加する傾向にある。これまでの流れからすると、保険業は、銀行に比べIT投資は少なかったのだが、Gartnerによれば、従業員1人あたりのIT投資額は2007年には2万2000ドルだったのに対し、2016年には3万6000ドルにまで上昇するという。

ZDNET Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

ホワイトペーパー

新着

ランキング

  1. セキュリティ

    「デジタル・フォレンジック」から始まるセキュリティ災禍論--活用したいIT業界の防災マニュアル

  2. 運用管理

    「無線LANがつながらない」という問い合わせにAIで対応、トラブル解決の切り札とは

  3. 運用管理

    Oracle DatabaseのAzure移行時におけるポイント、移行前に確認しておきたい障害対策

  4. 運用管理

    Google Chrome ブラウザ がセキュリティを強化、ゼロトラスト移行で高まるブラウザの重要性

  5. ビジネスアプリケーション

    技術進化でさらに発展するデータサイエンス/アナリティクス、最新の6大トレンドを解説

ZDNET Japan クイックポール

所属する組織のデータ活用状況はどの段階にありますか?

NEWSLETTERS

エンタープライズコンピューティングの最前線を配信

ZDNET Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]