編集部からのお知らせ
ZDNet Japanが新しくなりました!
New! 懸念高まる産業機器のセキュリティ

NSA、「Skype」の音声やビデオ通話を傍受か

Declan McCullagh (CNET News) 翻訳校正: 湯本牧子 福岡洋一 (ガリレオ)

2013-07-12 12:31

 英国のThe Guardianが報じた新たな記事によると、「Skype」には現在、ユーザーの音声通話とビデオ通話を政府が監視できるバックドアがあるという。

 この記事は米国家安全保障局(NSA)から流出したスライドに基づいており、Skypeについて深まる疑惑を決定付けるように思われるとともに、Skypeでの通話が旧来型の電話での通話と同じくらい簡単に監視できる可能性があることを示している。

 The Guardianが引用したある文書には、2012年7月からSkypeのビデオ通話を情報分析官が監視できるようになったとして、次のように書かれているという。「こうしたセッションの音声部分は以前から正確に処理されていたが、付随する動画はなかった。今後、分析官は完全な『映像』を得ることになるだろう」

 Skypeが以前は盗聴に抵抗する姿勢を見せていたことを考えると、これは劇的な変化だ。

 Microsoftによって買収される前のSkypeがまだeBay傘下にあった2008年に、Skypeの広報担当者は米CNETの取材に対し次のように述べていた。「Skype同士の通信を生で傍受ないし盗聴することを求める、いかなる召喚状も裁判所命令もわれわれは受け取っていない。いずれにせよ、Skypeが使っているピアツーピア型アーキテクチャと暗号化技術により、当社がそうした要請に応じることはできないだろう」

 米CNETは米国時間7月10日午前、当時の声明が今でも有効かどうかMicrosoftに問い合わせたが、回答は得られなかった。


提供:Microsoft/Screenshot by CNET

この記事は海外CBS Interactive発の記事を朝日インタラクティブが日本向けに編集したものです。

ZDNet Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

Special PR

特集

CIO

セキュリティ

スペシャル

ホワイトペーパー

新着

ランキング

  1. クラウドコンピューティング

    コスト削減&拡張性も、堅牢なセキュリティ&規制も同時に手に入れる方法、教えます

  2. 経営

    サブスクビジネスのカギはCX! ITIL準拠のツールをこう使え

  3. クラウドコンピューティング

    “偽クラウド”のERP使っていませんか?多くの企業のITリーダーの生の声から学ぶ

  4. クラウドコンピューティング

    RPA本格展開のカギは?「RPA導入実態調査レポート」が示す活用の道筋

  5. セキュリティ

    RPA導入時に見落とされがちな“エンタープライズレベルのセキュリティ”を紐解く

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNet Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]