編集部からのお知らせ
「ZDNet Japan Summit」参加登録受付中! 
新着記事集:「負荷分散」

アップルのT・クックCEO、低価格「iPhone 5c」の戦略を語る--Businessweekインタビュー

Larry Dignan (ZDNet.com) 翻訳校正: 編集部

2013-09-20 08:01

 Appleの最高経営責任者(CEO)Tim Cook氏はBloomberg Businessweekに対し、同社は「iPhone 5c」によって、低価格スマートフォンを提供するつもりはまったくないと述べた。

 Cook氏はBusinessweekとのインタビューの中で、目的は「素晴らしい電話と素晴らしいエクスペリエンスを販売することであり、われわれはこれまでよりも低価格でそれを実現する方法を見出した」と述べた。

 同社が設定したこの低価格について、多くのアナリストが十分に低くないと考えている。米国では、iPhone 5cは2年契約付きで99ドルであり、手頃な価格といえる。その他の国では、iPhone 5cが契約なしで550ドルで販売される予定で、中国などの市場でシェアを獲得するには高すぎる価格となっている。

 Businessweekの同記事では、Appleが目指すのはBMWなのか大衆市場向けブランドなのかという問題を中心に取り上げている。AppleはiPhone 5cによってその2点の間を結ぼうとしているのではないかと筆者は考えている。

 例えば、WalmartではiPhone 5cを2年契約付きで79ドルで提供している。Walmartにこれができるのは、大量販売できることを明確に見込んでいるからとしか考えられない。おそらく他の小売業者もこれに追従するだろう。

 iPhone 5cが新興市場では受け入れられないと主張する人々に対し、以下の可能性を指摘したい。

  • iPhone 5cによって、Appleは先進国におけるシェアを拡大することができる。
  • 大量生産によって部品コストが低下する。
  • Appleは、新興市場の通信事業者と契約し、有効原価を引き下げる。Appleは、中国で最安値の端末を提供する必要はなく、ただ低価格帯の端末を提供すればよい。

 Cook氏とApple幹部らは、低価格を目指してはいないと繰り返し述べてきた。その賭けが最終的に裏目に出るかどうかはわからないが、成功する可能性のある3つめの方法がある。つまり、安価な「Android」搭載スマートフォンよりもやや質の高い、十分に低価格の製品を提供することである。

この記事は海外CBS Interactive発の記事を朝日インタラクティブが日本向けに編集したものです。

ZDNet Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

特集

CIO

モバイル

セキュリティ

スペシャル

ホワイトペーパー

新着

ランキング

  1. クラウドコンピューティング

    Google Cloudセキュリティ基盤ガイド、設計から運用までのポイントを網羅

  2. セキュリティ

    仮想化・自動化を活用して次世代データセンターを構築したJR東日本情報システム

  3. ビジネスアプリケーション

    スモールスタート思考で業務を改善! 「社内DX」推進のためのキホンを知る

  4. セキュリティ

    Emotetへの感染を導く攻撃メールが多数報告!侵入を前提に対応するEDRの導入が有力な解決策に

  5. セキュリティ

    偽装ウイルスを見抜けず水際対策の重要性を痛感!竹中工務店が実施した2万台のPCを守る方法とは

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNet Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]