編集部からのお知らせ
新着記事まとめ:アジャイル開発が支えるDX
新しい働き方の関連記事はこちら

リアルとネットの融合によりマーケティングが進化する--2018年予測

山田竜司 (編集部)

2013-11-29 15:04

 野村総合研究所(NRI)は11月27日、電子商取引やインターネット広告、デジタルサイネージ、スマートペイメントなどを含めた NRIが「プラットフォーム」と定義する市場について、2018年度までの動向分析と規模の予測を発表した。


2013~2018年度(もしくは年)の間の年平均成長率を表す

 消費者向け電子商取引である「BtoC EC市場」は、2013年度は11兆5000億円、2014年度は12兆9000億円、2018年度には20兆8000億円と年平均成長率12.6%で成長すると予測。

 食品、ファッション、医薬品の各分野が市場の成長をけん引し、従来のリアル店舗に誘導するマーケティング手法「O2O」がさらに進化、リアル店舗やネットを問わずに購入されるようになる「オムニチャネル」という状態へ、マーケティング手法に変化が生じるとした。

 また、リアル店舗を見た後ネットで購入する「ショールーミング」の普及などにより、家電量販店などの小売店は、ネット対応をさらに充実させる必要があるとした。

 これに関連し、インターネット広告市場は2013年に7124億円、2014年、7522億円、2018年は8894億円と、年平均成長率4.5%と堅調。デジタルサイネージも2013年の1006億円から、2014年は1134億円、2018年には1609億円と年平均成長率9.8%と予測する。

 NRIは、個人向けに安価でECサイトを構築できるサービスがすでに登場したことを指摘、今までは消費者であった個人が提供者となるEC ビジネスの普及は新たな市場を生む可能性を秘めているという。

 現金や銀行での手続きを必要としない「スマートキャッシング」も2013年の48兆1000億円、2014年は50兆3000億円、2018年60兆5000億円と巨大な市場にもかかわらず年平均成長率5.1%程度拡大すると見込む。

ZDNet Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

特集

CIO

モバイル

セキュリティ

スペシャル

ホワイトペーパー

新着

ランキング

  1. windows-server

    伝説の「ひとり情シス」が解説、5つのステップで実現できる“ミニ仮想環境”構築 指南書

  2. コミュニケーション

    在宅勤務・テレワークで効果を発揮! SB C&Sが明かすTeams活用事例

  3. 運用管理

    3つの業界それぞれの「バックアップ」に関する課題と解決方法をわかりやすくマンガで解説

  4. 運用管理

    3層構造のITでは、なぜDXが進まないのか--ある中堅製造業はいかにDXの第一歩をスタートさせたか?

  5. 仮想化

    なぜ多くの企業が仮想デスクトップへの移行を急いでいるのか?その理由と最適なDaaSを知る

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNet Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]