編集部からのお知らせ
宇宙ビジネスの記事まとめダウンロード
記事まとめ「テレワーク常態化で見えたこと」

オバマ米大統領、NSAによる監視プログラムの見直しを明言

Edward Moyer (Special to CNET News) 翻訳校正: 湯本牧子 吉武稔夫 (ガリレオ)

2013-12-21 12:41

 米国家安全保障局(NSA)の監視プログラムをめぐってさまざまな動きがあった一週間の締めくくりとして、Barack Obama米大統領は米国時間12月20日、改革の用意はできているが、具体的な政策は新年を迎えてから発表すると述べた。大統領はまた、スパイ活動に関する今の議論は必要としながらも、Edward Snowden氏による暴露は米国とその諜報能力に「損害をもたらした」と述べた。

 Obama大統領はホワイトハウスで行われた記者会見で、情報機関であるNSAが通話のメタデータを一括収集するようなプログラムについて、米国愛国者法第215条の下で法的に正当化されているとはいえ、プライバシーや米国民に対する監視活動の可能性をめぐる懸念に対処するよう改革できると述べた。

 Obama大統領は次のように説明した。「可能性として、われわれはいくつものやり方で改革できるし、それによってチェック&バランスが働いているという安心感、十分な監視と十分な透明性が確保されているという安心感を人々に深めてもらえる。第215条のようなプログラムは、こうした乱用の可能性を生み出すことなく、今と変わらぬ情報を必要な時に提供するよう見直すことができる。まさにこれこそ、われわれがすべきことであり、これらすべてのことを極めて明確に具体的な方法で評価して、改革を推し進めるべきだ」

 記者会見に先立つ18日には、Obama大統領が自ら設置したNSAの諮問委員会の手による改革案について声明が出されている。この諮問委員会が公開した報告書は、大方の予想に反して手厳しい内容となった。

 改革案に盛られたアイデアの1つは、NSAが直接データを収集して保管する慣行を廃止し、代わりに電話会社に管理させるというものだ。このシナリオでは、NSAが電話会社から特定のデータを取得するには、状況に応じて裁判所命令が必要になる。

ホワイトハウスでの記者会見で質問に答えるObama大統領
ホワイトハウスでの記者会見で質問に答えるObama大統領
提供:Whitehouse.gov live stream/screenshot by CNET

この記事は海外CBS Interactive発の記事を朝日インタラクティブが日本向けに編集したものです。

ZDNet Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

特集

CIO

モバイル

セキュリティ

スペシャル

ホワイトペーパー

新着

ランキング

  1. クラウドコンピューティング

    MITスローン編著、経営層向けガイド「AIと機械学習の重要性」日本語版

  2. クラウドコンピューティング

    AWS提供! 機械学習でビジネスの成功を掴むためのエグゼクティブ向けプレイブック

  3. クラウドコンピューティング

    DX実現の鍵は「深層学習を用いたアプリ開発の高度化」 最適な導入アプローチをIDCが提言

  4. セキュリティ

    ランサムウェアを阻止するための10のベストプラクティス、エンドポイント保護編

  5. セキュリティ

    テレワークで急増、リモートデスクトップ経由のサイバー脅威、実態と対策とは

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNet Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]