編集部からのお知らせ
SNS分析のトレンドまとめ
注目「Googleのクラウド事業を読み解く」

熊本県教育委員会、授業や職員会議に電子会議基盤を採用

山田竜司 (編集部)

2014-01-20 10:55

 熊本県教育委員会は、小中高等学校の遠隔授業の充実や、職員会議や研修の効率化を図るために電子会議サービスを採用した。システムの利用者は熊本県内の全公立小中高等学校が対象。製品を提供した日本マイクロソフトが1月17日に発表した。


構成図(日本マイクロソフト提供)

 熊本県教育委員会では、学校同士や地域を巻き込んだ交流学習を県域に広げるため、ユニファイドコミュニケーション基盤「Microsoft Lync Server 2013」をプライベートなネットワーク上に設置し、県内の全公立小中高等学校とつなぐ。

 1月16日には、実際に小学6年生の社会科の授業にLyncを活用した授業が実施され、児童らが、地域で災害対策の担当者とLyncを経由して交流したという。

 これまで、車で移動して実施してきた職員会議や教員研修などもLyncによって効率化し、移動時間の短縮や経費の節減を図ってきたという。2013年4月から試験運用した10校では、既に導入効果を確認できたと説明する。

 熊本県教育庁教育政策課は今後、この基盤を活用し、子どもたちと教師陣のコミュニケーションの活性化を目指すとした。

ZDNet Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

特集

CIO

モバイル

セキュリティ

スペシャル

ホワイトペーパー

新着

ランキング

  1. クラウドコンピューティング

    マンガで解説、移行済みの担当者にも役立つ! Windows10移行&運用ガイド

  2. クラウドコンピューティング

    カギは物理世界とクラウドの接続あり!成果が出やすいIoT活用のアプローチを知る

  3. クラウドコンピューティング

    IoTにはこれだけのサイバー攻撃リスクが!まずはベストプラクティスの習得を

  4. セキュリティ

    エンドポイントの脅威対策をワンストップで提供 現場の負荷を軽減する運用サービス活用のススメ

  5. クラウドコンピューティング

    家庭向けIoT製品の普及とともに拡大するセキュリティとプライバシー問題─解決策を知ろう

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNet Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]