編集部からのお知らせ
ZDNet Japanが新しくなりました!
New! 懸念高まる産業機器のセキュリティ

天草市教育委員会、PCシンクライアント化ツールを導入--情報漏えい対策を強化

山田竜司 (編集部)

2014-02-13 11:21

 熊本県の天草市教育委員会は市内の小中学校42校を対象に、学校での情報漏えい対策としてPCをシンクライアント化するツールを導入している。製品を提供したサスライトが2月12日に発表した。

 天草市教育委員会が採用した「SASTIK III Thin-Client Layer」は認証用USBキーを使ってPCをシンクライアントにして、ウェブサーバやファイルサーバへと安全にアクセスできるツール。非武装地帯(DMZ)にあるサーバにSASTIK III Serverをインストール。外部にあるWindows PCはSASTIK III Serverと暗号化された状態で通信して内部のファイルサーバなどにアクセスする。接続するPCにはデータが残らない。天草市教育委員会ではこれに加え、ネットワーク環境構築が困難なユーザー向けにUSBメモリ版を併用している。

 サスライトによると、既存のシンクライアント化ツールでは、接続元となるPCに事前に設定する必要が多かったが、接続元となるPCが多い場合、管理の手間が増えるため、管理負荷が高かったという。 SASTIKサーバとUSBメモリ版のSASTIKを併用することで、PCへの事前設定を不要にでき、自動でアップデートが可能な機能を備えるという。

 また、SASTIKはサーバソフトと連動して稼動し、自動での暗号化通信機能、ユーザー管理機能などをサーバ側に持つとした。バージョンアップの際にもキーを回収する必要がなく、一元的な管理が可能と説明している。


SASTIK III Thin-Client Layerの構成図(サスライト提供)

ZDNet Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

Special PR

特集

CIO

セキュリティ

スペシャル

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNet Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]