編集部からのお知らせ
PickUp! オンラインストレージの進化と課題
HCIの記事をまとめた資料ダウンロード

サムスン、RISCプロセッサ「POWER」開発コミュニティに参加

山田竜司 (編集部)

2014-02-17 17:14

 RISCプロセッサ「POWER」アーキテクチャをベースにした開発コミュニティ「OpenPOWER Foundation」にSamsung Electronicsが参加した。米IBMが米国時間2月12日に発表した。

 2013年8月に発表されたOpenPOWER Foundationは、クラウド向けデータセンターの開発者に向け、サーバ、ネットワーク、ストレージ、GPU高速化のテクノロジを開発するために設立された。これにより、POWERの知的財産を他社へライセンス提供できるようになり、POWERのハードやソフトがオープンな開発環境で利用できるという。

ZDNet Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

Special PR

特集

CIO

モバイル

セキュリティ

スペシャル

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNet Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]