編集部からのお知らせ
PickUp! オンラインストレージの進化と課題
HCIの記事をまとめた資料ダウンロード

オンプレミス中心のアプリケーションだけでは対応できない--ガートナー提言

山田竜司 (編集部)

2014-02-24 17:30

 既存の一枚岩的なオンプレミス主体のアプリケーションだけでは、急激な変化に対応することは難しくなる――。ガートナー ジャパンが企業向けアプリケーションの展望の中で提言している。

 近年、日本での企業向けアプリケーション市場では、クラウドやモバイル、グローバル化の急速な進展を受け、アプリケーションの開発や統合、展開する従来のアプローチが陳腐化しつつあると指摘する。

 このような環境変化を受け、企業は今後、既存のアプリケーション環境を変革し、進化させていく必要に迫られる指摘した。総じて、IT部門には一層の“スピード”と“割り切り”が求められるとしている。

 ガートナーは、クラウドやモバイルなど、コンシューマーITの世界での活用が先行してきた新興技術が企業向けアプリケーションにも影響を与え、エンタープライズITにコンシューマーITの要素が急速に取り込まれつつあると説明した。

 また、海外拠点を含むグローバルでのビジネスプロセスの標準化や情報の一元化に取り組む企業からガートナーに寄せられる問い合わせが増えていることを明かした。

 ガートナーは、IT部門が企業ITの“コンシューマライゼーション”と“グローバル化への対応”という2大トレンドに対応する必要があると指摘。既存の一枚岩的なオンプレミス主体のアプリケーションのみでは、こうした急激な変化に対応することは難しくなるとしている。

ZDNet Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

Special PR

特集

CIO

モバイル

セキュリティ

スペシャル

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNet Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]