「Amazon WorkSpaces」がリリース--クラウド経由での仮想デスクトップ利用が可能に

Donna Tam (CNET News) 翻訳校正: 編集部

2014-03-27 12:05

 「Amazon Web Services」(AWS)を利用している企業であれば、Amazonが新たにリリースした「Amazon WorkSpaces」を利用することで、モバイル機器から、あるいはウェブ上で自社のデスクトップアプリケーションにアクセスできるようになる。

 Amazonは米国時間3月26日、ここ数カ月にわたってテストを実施してきていた同サービスを大々的にリリースした。同サービスの利用により、ユーザーは、自らの仮想デスクトップに接続することで作業がクラウド上でできるようになる。

 このことは、普段の仕事で必要なアプリケーションすべてを、オフィスにいない時でも使用できるようになることを意味する。また、作業の途中で別の機器に切り替えても、Amazon WorkSpacesにログインすれば作業を中断したところから再開でき、アプリケーションやファイルを開き直す必要もない。このサービスはPCや「Mac」のほか、「iPad」や、Amazonの「Kindle Fire」を含む「Android」タブレットから使用できるようになっている。

 Amazon Web Services Blogへの投稿によると、Amazon WorkSpacesを導入した企業は1万社にのぼっており、そのうちの1社であるPeet's Coffee & Teaは同サービスがセキュアであり、コスト削減に役立っていると実感したという。

 コンシューマーはAmazonの企業向けサービスになじみがないかもしれないが、こうしたサービスはあっという間にAmazonのビジネスにおいて大きな比重を占めるようになった。同社は企業分野で大きな一画を占めており(NetflixやComcastといった企業もAmazonの顧客だ)、クラウドコンピューティングにおける強豪となっている。

Kindle Fireからアクセスした場合のWorkSpacesの様子。
Kindle Fireからアクセスした場合のWorkSpacesの様子。
提供:Amazon Web Services

この記事は海外CBS Interactive発の記事を朝日インタラクティブが日本向けに編集したもので す。

ZDNET Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

ホワイトペーパー

新着

ランキング

  1. ビジネスアプリケーション

    【マンガ解説】まだ間に合う、失敗しない「電子帳簿保存法」「インボイス制度」への対応方法

  2. セキュリティ

    企業のDX推進を支えるセキュリティ・ゼロトラスト移行への現実解「ゼロトラスト・エッジ」戦略とは

  3. 経営

    2023年データとテクノロジーはどう変わるか 分析プラットフォームベンダーが明かす予測と企業戦略

  4. セキュリティ

    リモートワークで浮き彫りとなった「従来型VPN」、課題解決とゼロトラスト移行を実現する最適解

  5. セキュリティ

    第2世代EDRはココが違う 「自動化」でエンドポイントセキュリティの運用負荷・コストを削減

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNET Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]