編集部からのお知らせ
ZDNet Japanが新しくなりました!
New! 懸念高まる産業機器のセキュリティ

ウイルス感染企業、過去最多--セキュリティ投資、増加傾向続く:IDC調査

山田竜司 (編集部)

2014-03-31 16:31

 IDC Japanは3月31日、1月に実施した国内企業638社の情報セキュリティ対策の実態調査結果を発表した。2013年度の情報セキュリティ関連投資が前年度より「増加している」が18.6%、「減少する」が11.0%となった。2014年度については、前年度より増加するのが20.1%、減少するのが11.0%となっている。

 情報セキュリティ投資は、標的型攻撃が急増した2011年度から増加傾向に転じ、2012年度、2013年度と増加傾向が続き、2014年度も増加傾向が続くと予測する。また、2014年度にセキュリティ投資を増やす企業では、モバイル向けを投資重点項目としている企業が多いとした。

 情報セキュリティ対策について導入状況に関する設問では、情報セキュリティ対策の導入率は、ファイアウォールや仮想専用網(VPN)、PCでのウイルス対策が6割以上と外部からの攻撃対策の導入が進んでいる。情報漏えい対策やアイデンティティ/アクセス管理、脆弱性管理といった内部対策の導入率は4割程度という結果だった。

 実際の被害を見ると、ウイルスに感染した企業が3割以上と、これまでの最多を記録。2013年1月の調査結果と比較すると、ウェブアプリケーションサーバや業務アプリケーションサーバ、製造ライン、販売時点情報管理(POS)端末で被害を受けたと回答した企業の比率が高まった。

 被害に遭った企業では、24時間以内に被害を収束させた企業が多く、最高セキュリティ責任者(CSO)や最高情報責任者(CIO)の設置企業は被害の収束時間が短い傾向にあるとした。

 IDCは「ユーザー企業は、セキュリティインシデントを監視し、分析するセキュリティインテリジェンスと、ガバナンス/リスク/コンプライアンス(Governance, Risk and Compliance:GRC)関連製品を導入し、セキュリティ脅威を可視化するべき。セキュリティインシデントをリスク管理に紐付け、導入効果を可視化すれば、経営層に導入の必要性を提示することができる」と提案している。


2012年度(会計年)~2014年度(会計年)の情報セキュリティ関連投資額の前年度と比較した増減率、2013年1月と2014年1月の調査比較(IDC提供)

ZDNet Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

Special PR

特集

CIO

セキュリティ

スペシャル

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNet Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]