Linuxディストリビューション人気ランキング--最近の傾向はいかに

Steven J. Vaughan-Nichols (Special to ZDNet.com) 翻訳校正: 川村インターナショナル 2014年06月06日 07時30分

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 デスクトップでは確かに、「Windows」の優勢は変わっていない。2014年4月のStat Counterのデータによると、Windowsは今でも90%の市場シェアを保っている。PCの総台数を推定15億とすると、Windows PCは13億6000万台という計算だ。それでは、エンドユーザー向けOSの第2位は何かご存じだろうか。

 少しの間、考えてみてほしい(クイズ番組「ジェパディ!」のテーマ曲を流そう)。

 答えは、「Linux」ベースの「Android」だ。どの指標を見ても、AndroidはスマートフォンのOS市場を圧倒している。Canalysによると、2014年第1四半期に出荷された2億7940万台のスマートフォンのうち、81%がAndroid端末だった。IDCも、2014年のタブレット市場シェアの売り上げは、現時点で3分の2がAndroidだと報告しており、2014年に販売が予想されている12億台についても80.2%に達するとしている。

 ところで、Android端末は今どのくらい使われているのだろうか。いい質問だ。BI Intelligenceによると、2013年末に使用されていたスマートフォンの台数は約14億だった。Gartnerの計算では、2013年に販売されたタブレットはおよそ2億台で、そのうち1億2100万台がAndroidを搭載している。モバイル端末のユーザー数が16億人として、その80%がAndroidを使っているとすれば、Androidユーザーは12億8000万人という計算になる。

 スマートフォンとタブレットの販売数が予測どおりに伸び続け、Androidタブレットベンダーの侵食によってAppleの市場シェアが減り続け、PCの衰退も続くとした場合、これから出てくるAndroid PCの動向にかかわらず、2014年末までにエンドユーザー向けOSの首位はAndroidということになっているかもしれない。

 一方、Androidの次ということになると、エンドユーザーのLinux利用率は急激に少なくなる。2番手はおそらく「Chrome OS」で、これはローエンドの「Chromebook」が好調な売り上げを続けていることが理由だ。NPD Groupによると、Chromebookは2013年1月から11月のノートブックの総販売数の21%を占めたという。

figure_1

ZDNet Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

この記事を読んだ方に

関連ホワイトペーパー

SpecialPR

連載

CIO
トランザクションの今昔物語
研究現場から見たAI
Fintechの正体
米ZDNet編集長Larryの独り言
大木豊成「仕事で使うアップルのトリセツ」
山本雅史「ハードから読み解くITトレンド放談」
田中克己「2020年のIT企業」
松岡功「一言もの申す」
松岡功「今週の明言」
内山悟志「IT部門はどこに向かうのか」
林 雅之「デジタル未来からの手紙」
谷川耕一「エンプラITならこれは知っとけ」
大河原克行「エンプラ徒然」
内製化とユーザー体験の関係
「プロジェクトマネジメント」の解き方
ITは「ひみつ道具」の夢を見る
セキュリティ
「企業セキュリティの歩き方」
「サイバーセキュリティ未来考」
「ネットワークセキュリティの要諦」
「セキュリティの論点」
スペシャル
課題解決のためのUI/UX
誰もが開発者になる時代 ~業務システム開発の現場を行く~
「Windows 10」法人導入の手引き
ソフトウェア開発パラダイムの進化
エンタープライズトレンド
10の事情
座談会@ZDNet
Dr.津田のクラウドトップガン対談
展望2017
Gartner Symposium
IBM World of Watson
de:code
Sapphire Now
VMworld
Microsoft WPC
Microsoft Connect()
HPE Discover
Oracle OpenWorld
Dell EMC World
AWS re:Invent
AWS Summit
PTC LiveWorx
より賢く活用するためのOSS最新動向
古賀政純「Dockerがもたらすビジネス変革」
中国ビジネス四方山話
ベトナムでビジネス
米株式動向
日本株展望
企業決算