編集部からのお知らせ
ZDNet Japanが新しくなりました!
New! 懸念高まる産業機器のセキュリティ

セガ、ビッグデータ分析基盤を導入--2カ月半で結果を現場に

NO BUDGET

2014-06-11 18:06

 セガは、事業ドメインを越えて集約・統合した大量のデータを分析し、既存製品やサービスの品質向上や、新規製品、サービスの開発に役立てるための基盤として、データマイニングソフトウェアを導入した。導入を支援したブレインパッドが6月11日に発表した。

 セガでは、これまで培ってきた世界有数のソフト資産と技術応用力をもとに、さまざまなエンタテインメントを発信していくため、これまで製品やサービス単位で管理してきた各種データを統合的に活用するプロジェクトを進めている。その基盤となる今回のシステムには、SAPの「InfiniteInsight」が採用された。

 人間のノウハウや判断が必要だったデータマイニングを、機械学習を含めたアルゴリズムで自動化することで、生産性が向上し、金融、通信、流通など大量データを利用したアナリティカルCRMに革新をもたらせるという。セガは、複数の代表的なデータマイニング・システムを比較した結果、アウトプットを得るまでのスピードや操作性のわかりやすさなどから、SAP InfiniteInsightの採用を決めたとのこと。


 採用のポイントとなったのは、以下の3点。

業務部門のユーザー自らが使用できるソフトウェア

 InfiniteInsightの特徴である、予測モデルの構築と分析作業の自動化により、データ分析の専門家ではなく、業務部門のユーザーが日々の業務で使用できる点が評価された。

操作習得の早さと分析結果に至る早さ

 シンプルかつ直感的なユーザーインターフェースにより、短期間で操作を習得できる点が評価された。今回の導入にあたっては、環境構築、トレーニング、分析結果の現場へのフィードバックまでを2カ月半という短期間で実現している。

データ分析・活用の知見と経験に基づく支援体制

 ソフトウェア導入時のシステムサポートだけでなく、ソフトウェア導入後のブレインパッドのデータサイエンティストによる分析手法の提案や、データマイニングから得られた分析結果のビジネスへの活用方法など、新たな企画や施策につながる分析支援までを行える点が評価された。

 セガでは今回の導入から2カ月半という短期間でデータマイニングに着手し、分析結果を現場にフィードバックすることができた。すでに、同社の製品やサービスに関するデータ分析を通じて、利用者の購買行動の特徴や行動予測などの分析結果が出ており、サービス設計やマーケティング施策を行う際の有益な情報として利用されはじめているとのこと。同社では今後、システムの運用状況を踏まえ、分析の範囲を順次拡大していく予定。

ZDNet Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

Special PR

特集

CIO

セキュリティ

スペシャル

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNet Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]