編集部からのお知らせ
ZDNet Japanが新しくなりました!
New! 懸念高まる産業機器のセキュリティ

ビッグデータ市場は2017年に2012年比の5倍に--IDC調査

山田竜司 (編集部)

2014-01-23 15:49

 IDC Japanは1月23日、2013~2017年の国内ビジネスアナリティクスとビッグデータの市場予測を発表した。ビッグデータ市場は2012年から2017年に5倍の規模に成長するという。

 国内ビジネスアナリティクスの市場規模は、2012年の8900億円から、年平均成長率(CAGR)5.2%で成長し、2017年には1兆1400億円と予測した。一方、国内ビッグデータの市場規模は、2012年の207億円からCAGR37.5%で成長し、2017年には1016億円に達するという。このうちビッグデータ市場が占める割合は、2012年の2.3%から2017年には8.9%になると予測する。

 IDCではビジネスアナリティクス市場を、データのサイズや種類に限らず、ビジネスインテリジェンスやデータマイニングなどのアプリケーションの「構造データ」に関わるものか、画像や音声、テキストなどの「非構造データ」の解析や分析にかかわる市場と定義。

 ビッグデータ市場は、「100Tバイト以上」「ストリーミングデータを利用」「年率60%以上の成長率で生成されるデータ」のいずれかの条件のデータの分析に関わる市場と定義している。一方、ITベンダー各社によるビッグデータの定義は一律ではなく、データの大きさや種類などは各社独自の定義で市場規模や売り上げ目標を公表しているのが現状と指摘している。


2012~2017年のビジネスアナリティクス市場とビッグデータ市場予測(IDC提供)

ZDNet Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

Special PR

特集

CIO

セキュリティ

スペシャル

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNet Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]