編集部からのお知らせ
(記事集)ニューノーマルで伸びる業界
「ニューノーマルとIT」新着記事一覧

MS、第4四半期決算を発表--売上高は予測を上回るも純利益はノキア買収で減少

Charles Cooper (CNET News) 翻訳校正: 編集部

2014-07-23 07:41

 Microsoftは米国時間7月22日、同社の第4会計四半期(6月30日締め)決算を発表した。売上高は233億8000万ドルと、ウォール街のコンセンサス予測をやや上回った。しかし利益は、4月のNokia携帯端末事業買収の影響を受け、1株あたり55セントとなった。Nokia買収に関連する費用は1株あたり8セントだった。

 Thomson Reutersが集計したアナリスト平均予測は、売上高約230億ドル、1株あたり利益60セントだった。

 Microsoftによると、Nokia事業は同四半期売上高において20億ドル近くを占めたとのことだが、同事業は6億9200万ドルの営業損失も計上している。

 Microsoftの最高経営責任者(CEO)を務めるSatya Nadella氏は先週、同社が1万8000人の人員削減を予定していることを明かした。その大部分は、Nokia買収によって生じた重複部署に関連する。

 Microsoftの同四半期純利益は46億1000万ドル(1株あたり55セント)。前年同期は49億7000万ドル(1株あたり59セント)だった。売上高は18%増の233億8000万ドルだった。

 この四半期は、Nadella氏が2月にSteve Ballmer氏に代わりCEOに就任してから初めて、全期間を通して同職を務めた四半期でもあった。

 同社のエンタープライズ事業は堅調に同四半期を終えた。Microsoftによると、コマーシャルクラウドグループの売上高は147%増で、ランレートは44億ドルを超えるという。「Azure」を含む同社のサーバ製品事業は16%増だった。また、Microsoftの主軸事業の1つである「Office 365」のサブスクリプション数はさらに100万件増加した。

 しかし同社の経営陣にさらに質問が寄せられるのは、同社の主力OSの需要についてかもしれない。「Windows OEM」の売上高の伸びはわずか3%だった。Microsoftによると、「Windows OEM Pro」の売上高は11%増加したが、Pro以外のWindows OEMの売上高は9%減少したという。

 「Xbox」事業は好調で、同四半期売上高は14%増の1億400万ドルだった。Microsoftによると、同社は第4四半期にゲーム機110万台を販売したという。またMicrosoftは、「Bing」検索事業の売上高が40%増加したと述べたが、それ以上の詳細には触れなかった。

MicrosoftのCEOであるSatya Nadella氏
MicrosoftのCEOであるSatya Nadella氏
提供:James Martin/CNET

この記事は海外CBS Interactive発の記事を朝日インタラクティブが日本向けに編集したものです。

ZDNet Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

特集

CIO

モバイル

セキュリティ

スペシャル

ホワイトペーパー

新着

ランキング

  1. 運用管理

    ファイルサーバ管理のコツはここにあり!「無法状態」から脱出するプロセスを徹底解説

  2. クラウドコンピューティング

    社員の生産性を約2倍まで向上、注目の企業事例から学ぶDX成功のポイント

  3. コミュニケーション

    真の顧客理解でCX向上を実現、いまさら聞けない「データドリブンマーケティング」入門

  4. ビジネスアプリケーション

    デメリットも把握しなければテレワークは失敗に?─LIXIL等に学ぶ導入ステップや運用のコツ

  5. 運用管理

    ニューノーマルな働き方を支えるセキュリティ-曖昧になる境界に変わらなくてはならないデータセンター運用

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNet Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]