編集部からのお知らせ
メタバース動向の記事まとめ
「半導体動向」記事まとめ

CoreOS、Quay.ioを買収--取得技術を用いたDockerリポジトリサービスも新たに開始

ZDNet Japan Staff

2014-08-14 12:58

 大規模なサーバ配備に適したLinux OSを開発するCoreOSは米国時間8月13日、Quay.ioを買収したことを発表した。CoreOSの公式ブログによると、Quay.ioはプライベートなDockerレジストリを提供する初のサービスだという。

 Quay.ioのブログによれば、同社は既存顧客に向けて、サービスの開発を続けると述べている。買収を機にCore OSはこれまでの拠点のサンフランシスコ以外に、ニューヨーク市にもオフィスを構えることになる。

 買収を受け、Core OSはQuay.ioをベースにした「CoreOS Enterprise Registry」をローンチする。CoreOS Enterprise Registryは、独自のDockerレジストリを運用したいという企業に対するソリューションである。

 CoreOS Enterprise Registryには、リッチなユーザーインターフェースやアクセス制御リスト、コンテナを用いるチームのコラボレーションを支援する強力なツールなど、豊富な付加機能が用意されているという。組織内でチームをまとめ、それらのチームがセキュアなかたちで協力して作業できるようにするための権限を割り当てるツールなどが提供されている。

 CoreOS Managed Linuxの利用者は、Quay.ioにアクセスすれば、提供されているバージョンを試用できる。また先着1000名までの登録ユーザーは、「Yacht」プランを6カ月間無料で利用できるそうだ。なお、同プランではプライベートなDockerリポジトリを20個まで使用できるという。

ZDNet Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

特集

CIO

モバイル

セキュリティ

スペシャル

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNet Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]