編集部からのお知らせ
「半導体動向」記事まとめ
「リスキリング」に関する記事まとめ

「Dropbox Pro」、1Tバイトを月額9.99ドルで提供--共有リンクのパスワードなども導入

Claire Reilly (CNET News) 翻訳校正: 編集部

2014-08-28 11:58

 Dropboxは、「Dropbox Pro」向けの機能セットを強化し、共有リンクに対するパスワード、期限、遠隔からの消去機能を加えるとともに、プランの一本化を発表した

 今回の変更は、新しいDropbox Proユーザーすべてに米国時間8月27日付で適用される。既存のProユーザーに対する追加機能の提供は今後数日のうちを予定している。

 Dropboxは、より大きな容量に対するDropbox Proユーザーにニーズを認める形で(同有料サービスは、エントリレベルの無料サービスに比べてプロシューマー向けのより高機能なオプションとして提供されている)、Proユーザー向けのストレージ容量を1Tバイトに増加した。

 ユーザーはこれまで、100Gバイト、200Gバイト、500Gバイトの容量を選ぶことができ、月額使用料はそれぞれ9.99ドル、19.99ドル、49.99ドルだった。現在、ストレージがこれまでの最大容量の倍になったにもかかわらず、Dropbox Proユーザーが1Tバイトに対して支払う月額使用料は9.99ドルになる。

 この新しい価格体系に加え、Dropboxは、新しいセキュリティ機能をユーザーに順次提供する。ユーザーは、共有リンクに対してパスワードによるアクセスや期限を設けることができるようになる。Dropboxは、同機能について、特定の期限以降はクライアントに支払いを希望するプロの写真家などのユーザーにとって便利だと述べている。また、ユーザーは、「Edit」や「View Only」の権限をこれら共有ファイルにアクセスする人たちに付与することができるようになる。

提供:Dropbox
提供:Dropbox

 Dropboxのクラウドストレージをコンピュータにある特定のフォルダと同期するような場合、Proユーザーは、この共有フォルダを遠隔から消去できるようになる。ユーザーは、自身のデバイスが盗まれたような場合でも、Dropboxアカウントに別のコンピュータからログインし、自身のコンピュータを「リンク解除」することで盗まれたデバイスから確実にファイルを削除することができるようになる。

提供:Dropbox
提供:Dropbox

この記事は海外CBS Interactive発の記事を朝日インタラクティブが日本向けに編集したもので す。

ZDNet Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

特集

CIO

モバイル

セキュリティ

スペシャル

ホワイトペーパー

新着

ランキング

  1. 開発

    なぜ、コンテナー技術を使うことで、ビジネスチャンスを逃さないアプリ開発が可能になるのか?

  2. セキュリティ

    2022年、セキュリティトレンドと最新テクノロジーについて、リーダーが知っておくべきこと

  3. ビジネスアプリケーション

    全国1,800人のアンケートから見えてきた、日本企業におけるデータ活用の現実と課題に迫る

  4. 運用管理

    データドリブン企業への変革を支える4要素と「AI・データ活用の民主化」に欠かせないテクノロジー

  5. 経営

    テレワーク化が浮き彫りにしたリソース管理の重要性、JALのPCセットアップを支えたソフトウエア

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNet Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]