編集部からのお知らせ
Topic 本人認証の重要性
宇宙ビジネスの記事まとめダウンロード

通信機器からクラウドサービスまでワンストップで--サン電子、M2Mプラットフォーム

坂本純子 (編集部)

2015-01-16 12:41

 サン電子は1月15日、クラウド型ワイヤレスM2Mプラットフォーム「M2MGrid Platform」を1月下旬より、提供すると発表した。

 M2MGrid Platformは、同社が2014年8月に株式取得及び業務提携を行ったイスラエルのBacsoftが開発し、2008年からサービス提供しているもので、工場設備やプラント施設等のFA市場向け遠隔監視・制御を行える。

 サン電子では、日本向けに最適化やクラウドサービス化を行い、日本国内とアジア地域をターゲットに展開する。

構成図
構成図

 M2MGrid Platformは、PLCを制御するためのFAプロトコルを搭載し、データの収集のみではなく遠隔からPLCの制御が可能だ。具体的には、PLCおよび産業機械、センサデバイスなどの各種装置と連携し、「機器情報の収集、管理」「機器の状態監視、異常通報」「機器の制御」「データ保存」などが行えるアプリケーションをサン電子が日本国内で運営するクラウド型のM2MGrid共通プラットフォームとして提供する。PCだけでなく、モバイル端末にも対応し、アラートをスマートフォンで受け取ることも可能だ。

 M2MGridサーバと外部システムとの連携を可能とするAPIにより、ユーザーの独自のシステムとの連携も可能。またM2MGridサーバはOPCサーバとして動作するため、外部SCADAとの連携も可能としている。

 PLCなどの制御を可能にするアプリケーション搭載の専用ゲートウェイには、同社の「Rooster GX」を採用。通信機器からクラウドサービスまでサン電子がワンストップで提供する。イニシャルコストは20万円~、Rooster GX 1台に対し1アカウントが必要で、年間5万円程度。まずは1工場だけを管理してみたいなど、実証実験や小規模な導入の要望にも応えられる手軽さも特長の一つだ。

 サン電子では、高信頼性の遠隔監視、遠隔制御システムを、短期間、低コストで構築でき、機器の状態の「見える化」と機器の持つ「ビッグデータ」を有効活用した付加価値向上に貢献するとしている。

ZDNet Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

特集

CIO

モバイル

セキュリティ

スペシャル

ホワイトペーパー

新着

ランキング

  1. ビジネスアプリケーション

    なぜ、2021年にすべてのマーケターが「行動経済学」を学ばねばならないのか?

  2. セキュリティ

    SIEMとEDRが担うべき正しい役割とは?企業のセキュリティ部門が認識しておくべき適切なツールの条件

  3. クラウドコンピューティング

    デザインシンキングによるAIと課題のマッチング!現場視点による真のデジタル改善実現へ

  4. 経営

    なぜ成長企業の経営者はバックオフィス効率化に取り組むのか?生産性を高めるための重要な仕組み

  5. 仮想化

    Microsoft 365を利用する企業が見逃す広大なホワイトスペースとは?

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNet Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]