編集部からのお知らせ
RPA導入、もう1つのポイント
「ニューノーマルとIT」新着記事一覧

IBM、第4四半期決算を発表

Larry Dignan (ZDNet.com) 翻訳校正: 編集部

2015-01-21 12:36

 IBMは米国時間1月20日、同社の2014年第4四半期決算(12月31日締め)を発表した。また、同社は2015年の見通しを下方修正した。

 IBMの第4四半期決算は、利益が55億ドル(1株当たり利益は5.54ドル)、売上高が前年同期比12%減の241億ドルだった。IBMは、売上高の減少について、事業売却や為替変動が理由の一部としてあると説明した。これらの問題を除いた場合、売上高は前年同期比2%減となる。非GAAPベースの1株当たり利益は5.81ドルだった。2014年通年では、利益が158億ドル(1株当たり利益は15.59ドル)、売上高が928億ドルだった。

 ウォール街はIBMの第4四半期決算について、諸経費を除いた1株当たり利益が5.41ドル、売上高が247億7000万ドルと予想していた。

 IBMは2015年の見通しについて、フラットなフリーキャッシュフローで、営業利益が1株当たり15.75ドル〜16.50ドルになると予想していると述べた。さらに、「より長期的な軌道と一致しない力学がいくらか働いている」と話した。アナリストはIBMの2015年の見通しについて、諸経費を除いた1株当たり利益が16.53ドルになると予想した。

 IBMは第4四半期決算発表により、さまざまな試練があった2014年を終了した。2014年には、Watson事業部の創設や、コモディティサーバ事業のLenovoへの売却、エンタープライズ分野でのAppleとの提携、クラウドサービスの拡張などがあった。IBMの利益と売上高は主に継続事業からもたらされた。

この記事は海外CBS Interactive発の記事を朝日インタラクティブが日本向けに編集したものです。

ZDNet Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

特集

CIO

モバイル

セキュリティ

スペシャル

ホワイトペーパー

新着

ランキング

  1. セキュリティ

    セキュアなテレワークでビジネスを継続する「緊急時対応チェックリスト」

  2. クラウドコンピューティング

    ゼロトラストネットワークアクセス(ZTNA)を今すぐ採用すべき理由

  3. ビジネスアプリケーション

    今からでも遅くない、在宅勤務への本格移行を可能にする環境整備のポイント

  4. クラウド基盤

    アプリ開発者とIT管理者、両者のニーズを両立させるプラットフォームとは?

  5. ビジネスアプリケーション

    テレワークに立ちはだかる「紙・ハンコ」の壁を経費精算のペーパーレス化からはじめて乗り越える

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNet Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]