西アフリカレポート

なぜいま西アフリカなのか--知られざる主要国「セネガル」のビジネス事情

山田一雅 2015年02月07日 08時00分

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 皆さま、こんにちは。西アフリカのセネガル共和国在住、山田一雅と申します。この連載では、日本ではあまり手に入らないセネガルおよび西アフリカのリアルな情報をお届けいたします。

 この連載が、西アフリカへの興味および理解を深める一助となりましたら誠に幸いです。これから何卒よろしくお願い申し上げます。初回となるこの記事では、西アフリカの構成やセネガルの特徴などを記します。

なぜいま西アフリカなのか

 まずは、地図で西アフリカを見てみましょう。西アフリカは青色の国々、セネガルは赤色の所です。国際連合は、西アフリカを次の16カ国と定めています。ベナン、ブルキナファソ、カーボヴェルデ、コートジボワール、ガンビア、ガーナ、ギニア、ギニアビサウ、リベリア、マリ、モーリタニア、ニジェール、ナイジェリア、セネガル、シエラレオネ、トーゴ(出典:United Nations Statistics Division)。


 ビジネスのラストフロンティアとして注目を浴びているアフリカ。アフリカでのビジネスは、先進国と異なり1国当たりの市場規模が小さい事から、地理、言語、治安などを考慮し、地域展開の戦略を練ることが重要です。

 ケニアのある東部、南アフリカのある南部、エジプトのある北部には、多くの世界的大企業はもちろんですが、実は数十年以上も前から、同じアジアのインド企業、そして中国企業も積極的にアフリカに進出しています。しかしながら、日本企業の進出は遅々として進んでいません。

 ですが、そんなアフリカの中でも、企業の進出が比較的進んでいないため日本にもチャンスがあり、かつアフリカで一番のGDPを誇るナイジェリアを有する大きなポテンシャルを秘めた地域があります。それが西アフリカです。

 そんな西アフリカの中でも最西端に位置するセネガル。人口は1413万人。過酷な自動車レース「パリダカールラリー」で有名な首都ダカールは、200万人の人口を擁します。

 旧フランス領のため、公用語はフランス語。漁業が盛んで、タコや魚は日本にも輸入されています。日本企業はコマツ、三菱商事など数社が進出していますが、現在日本企業の運営する店舗はありません。一方で、セネガルでも日本および日本製品に関する信頼は厚く、日本メーカーの自動車、PC、デジカメ、固定電話などが売られています。

 また、日本料理屋もダカール市内だけで複数ありますが、日本人が経営するお店はなく、韓国人やレバノン人などが経営しています。(今年中に私の友人の日本人が日本料理屋を開業予定です。)

ソニー製品のお店
ソニー製品のお店

ZDNet Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

この記事を読んだ方に

関連ホワイトペーパー

SpecialPR

連載

CIO
研究現場から見たAI
Fintechの正体
米ZDNet編集長Larryの独り言
大木豊成「仕事で使うアップルのトリセツ」
山本雅史「ハードから読み解くITトレンド放談」
田中克己「2020年のIT企業」
松岡功「一言もの申す」
松岡功「今週の明言」
内山悟志「IT部門はどこに向かうのか」
林 雅之「デジタル未来からの手紙」
谷川耕一「エンプラITならこれは知っとけ」
大河原克行「エンプラ徒然」
内製化とユーザー体験の関係
「プロジェクトマネジメント」の解き方
ITは「ひみつ道具」の夢を見る
セキュリティ
「企業セキュリティの歩き方」
「サイバーセキュリティ未来考」
「ネットワークセキュリティの要諦」
「セキュリティの論点」
スペシャル
課題解決のためのUI/UX
誰もが開発者になる時代 ~業務システム開発の現場を行く~
「Windows 10」法人導入の手引き
ソフトウェア開発パラダイムの進化
エンタープライズトレンド
10の事情
座談会@ZDNet
Dr.津田のクラウドトップガン対談
展望2017
Gartner Symposium
IBM World of Watson
de:code
Sapphire Now
VMworld
Microsoft WPC
HPE Discover
Oracle OpenWorld
Dell EMC World
AWS re:Invent
AWS Summit
PTC LiveWorx
より賢く活用するためのOSS最新動向
古賀政純「Dockerがもたらすビジネス変革」
中国ビジネス四方山話
ベトナムでビジネス
米株式動向
日本株展望
企業決算