編集部からのお知らせ
ZDNet Japanが新しくなりました!
New! 懸念高まる産業機器のセキュリティ
西アフリカレポート

なぜいま西アフリカなのか--知られざる主要国「セネガル」のビジネス事情 - (page 2)

山田一雅

2015-02-07 08:00

EUのような共同体を持つ西アフリカ、ハブの役割を果たすセネガル

 西アフリカには、15カ国からなる「ECOWAS(西アフリカ諸国経済共同体)」と8カ国からなる「UEMOA(西アフリカ経済通貨同盟)」という組織があります。UEMOAは歴史が古く、また域内で共通の通貨「セーファフラン(XOF)」と言語(フランス語)を使用しているため、ECOWASと比較して同盟が上手く機能しているといわれています。

 一方で、今後の西アフリカの発展のため、UEMOAよりも規模の大きいECOWASに寄せられる期待は大きいものとなっており、この2つの組織がいかに上手く連携していけるかが、今後の西アフリカの成長の大きなカギを握っています。

 ECOWASの主要国はナイジェリア、コートジボワール、ガーナ、セネガルと言われていますが、その中でUEMOAにも所属しているのはコートジボワールとセネガルです。この2国がECOWASとUEMOAのハブとなる重要な役割を担っています。

 セネガルの首都ダカールには、UEMOA域内の共通通貨を発行する西アフリカ諸国中央銀行の本部があります。コートジボワールにて2002年、2010年と内戦が起きたこともあり、アフリカ随一の安定した治安の良さを誇るセネガルに、より一層の期待が集まっています。

 また、治安の良さに加え、欧州からのアクセスやビジネス環境が良いことから、ダカールには国際的な組織やグローバルカンパニーの仏語圏アフリカの主要拠点が置かれています。IT関連企業では、MicrosoftGoogleIBMEricssonなどがオフィスを構えています。

ZDNet Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

Special PR

特集

CIO

セキュリティ

スペシャル

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNet Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]