「Google Apps」管理コンソールになりすましメールを可能にする脆弱性--対応済み

Charlie Osborne (Special to ZDNet.com) 翻訳校正: 編集部 2015年03月10日 10時18分

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 セキュリティ研究者が、「Google Apps」の管理コンソールに脆弱性が存在していたことを明らかにした。本来所有していないドメインからの正規の電子メールを装ったメッセージの送信が可能になるというもの。

 Security Weekの報道によれば、Patrik Fehrenbach氏とBehrouz Sadeghipour氏は2月、企業が「Google Apps」の管理に使用するGoogle管理コンソールで、ドメインを登録し、身元をなりすまして電子メールを送信できるセキュリティホールを発見した。

 Fehrenbach氏とSadeghipour氏は、このセキュリティホールについて説明するデモの中で、Googleが所有するドメインであるytimg.comとgstatic.comを例として使用してみせた。これらのドメインは、GoogleがYouTube関連で使用しているものだ。

 ブログ記事とその記事に掲載されている動画で使われているデモでは、これらのドメインから発信されたものを装った電子メールが発信されており、その発信元アドレスには「admin@ytimg.com」と「admin@gstatic.com」も含まれていた。

 通常、別のサーバから発信元をなりすました電子メールを送信しようとすると、Googleはそのメッセージを認識し、ユーザーに対してそのメッセージが偽物の可能性があることを警告する。ところが、Google管理コンソールにそのドメインの所有者であると偽って登録して、管理コンソールからなりすましメールを送信すると、受信者には警告が表示されない。このため、そのなりすまし電子メールは信頼できる発信元から来たものだと誤解されてしまう可能性が高い。

 攻撃者はこの脆弱性を使用して、信頼できるサーバから発信された、正規の電子メールを装ってメッセージを送信できる。この場合、そのメールには疑わしいことを示す痕跡は一切残らない。

 両氏はこのセキュリティホールをGoogleに報告し、同社は管理コンソールからのメールの発信元アドレスをapps-noreply@google.comに変更することでこの問題に対応した。公表された情報によれば、両氏はこの報告に対し500ドルの報酬を受け取っている。

この記事は海外CBS Interactive発の記事を朝日インタラクティブが日本向けに編集したものです。

ZDNet Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

この記事を読んだ方に

関連ホワイトペーパー

連載

CIO
IT部門の苦悩
Rethink Internet:インターネット再考
インシデントをもたらすヒューマンエラー
トランザクションの今昔物語
エリック松永のデジタルIQ道場
研究現場から見たAI
Fintechの正体
米ZDNet編集長Larryの独り言
大木豊成「仕事で使うアップルのトリセツ」
山本雅史「ハードから読み解くITトレンド放談」
田中克己「2020年のIT企業」
松岡功「一言もの申す」
松岡功「今週の明言」
内山悟志「IT部門はどこに向かうのか」
林 雅之「デジタル未来からの手紙」
谷川耕一「エンプラITならこれは知っとけ」
大河原克行「エンプラ徒然」
内製化とユーザー体験の関係
「プロジェクトマネジメント」の解き方
ITは「ひみつ道具」の夢を見る
セキュリティ
「企業セキュリティの歩き方」
「サイバーセキュリティ未来考」
「ネットワークセキュリティの要諦」
「セキュリティの論点」
スペシャル
ざっくりわかるSNSマーケティング入門
課題解決のためのUI/UX
誰もが開発者になる時代 ~業務システム開発の現場を行く~
「Windows 10」法人導入の手引き
ソフトウェア開発パラダイムの進化
エンタープライズトレンド
10の事情
座談会@ZDNet
Dr.津田のクラウドトップガン対談
Gartner Symposium
IBM World of Watson
de:code
Sapphire Now
VMworld
Microsoft WPC
Microsoft Connect()
HPE Discover
Oracle OpenWorld
Dell EMC World
AWS re:Invent
AWS Summit
PTC LiveWorx
より賢く活用するためのOSS最新動向
古賀政純「Dockerがもたらすビジネス変革」
中国ビジネス四方山話
ベトナムでビジネス
米株式動向
日本株展望
企業決算