編集部からのお知らせ
「サイバー防衛」動向の記事まとめ
「半導体動向」記事まとめ
デキる男のワイン術

デキる男のワイン術--「猫の尿」「濡れた犬」「腐葉土」ワインの表現は奥が深い - (page 2)

青山葉月

2015-03-28 07:00

3.味わい

 おめでとうございます、これでようやく飲めます。まずはひと口、口に含んだ時の香りと味わいを確かめます。ワインを口の中で転がして、ワインが舌全体に行き渡らせたり、唇をかすかに開いて空気を含ませたりしてもかまいません。

『ワインテイスティングバイブル』(ナツメ社)
『ワインテイスティングバイブル』(ナツメ社)

 「シュルルルー」と音を出してテイスティングしてると、妙に玄人っぽいのですが、個人的には「えっ、この人プロなの?」と少し構えてしまいます。レストランなどでは時と場合を選んだ方が無難かも。

 甘み、酸味、苦み、アルコール感、バランス、余韻などチェックすべきポイントは色々あるのですが、もっとディープに知りたい方は、谷宣英著『ワインテイスティングバイブル』(ナツメ社)を読んで下さい。

 以上の色、香り、味わいから、そのワインの個性を判断していきます。判断というと難しそうですが、私の場合は「今まで飲んだ、どのワインと似てるかな」とワインの記憶を辿っている事が多いです。ワインのデータベースって、味の記憶の集合体だと思うんです。

ソムリエの名言

ルイ・ロデレール_クリスタル
ルイ・ロデレール_クリスタル

 とまぁ、テイスティングのキホンを一応書き連ねたものの、これはあくまで教科書的な話。「グラスをまわすと、振動によってワインがダメージをうける」と、スワリングしない方もいますし、ワイングラスで飲まないといけないわけでもない。

 「ルイ・ロデレールのクリスタル(高級シャンパーニュの代表的な銘柄)は、ボトルを見ながら飲むから美味しい」と名言を残した名ソムリエがいますが、ワインをイメージで飲むことも、楽しみ方の1つ。お祝いにはシャンパーニュ、エロティックにキメたい夜には、熟成したブルゴーニュ、など気分でワインを選べるようになれば、粋なオトコの仲間入りです。

ZDNet Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

特集

CIO

モバイル

セキュリティ

スペシャル

ホワイトペーパー

新着

ランキング

  1. 開発

    なぜ、コンテナー技術を使うことで、ビジネスチャンスを逃さないアプリ開発が可能になるのか?

  2. セキュリティ

    2022年、セキュリティトレンドと最新テクノロジーについて、リーダーが知っておくべきこと

  3. ビジネスアプリケーション

    全国1,800人のアンケートから見えてきた、日本企業におけるデータ活用の現実と課題に迫る

  4. 運用管理

    データドリブン企業への変革を支える4要素と「AI・データ活用の民主化」に欠かせないテクノロジー

  5. 経営

    テレワーク化が浮き彫りにしたリソース管理の重要性、JALのPCセットアップを支えたソフトウエア

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNet Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]