編集部からのお知らせ
ZDNet Japanが新しくなりました!
New! 懸念高まる産業機器のセキュリティ

ラリタン、ラック向けインテリジェントPDU新製品--ホットスワップに対応

NO BUDGET

2015-06-10 17:41

 ラリタン・ジャパンは6月9日、データセンターでのラック内のサーバやストレージなどに電源を供給する電源タップ(Power Distribution Unit:PDU)の最新シリーズとして「PX3」を発表した。その最上位モデル「PX3-5000」シリーズを6月22日から販売する。オープン価格だが、税別の市場想定価格は約10万円からとなっている。

 ラリタンのインテリジェントPDUは電源管理用のコントローラを内蔵しており、PDU全体またはコンセント単位で電流(A)や電圧(V)、電力(kVA、kW)、電力量(kWh)、力率(Pf)を1%程度の誤差という高精度でリアルタイムに計測し、リモートからウェブブラウザ経由やSNMPなどで管理できるという。

 高密度に集約されたラック環境では高温対応が重要な課題となっているが、PX3シリーズでは、全モデルで60℃の最高動作温度に対応している。USBポートを従来の2から3(USB-Aが2、USB-Bが1)に増強したことでカスケード接続、ウェブカメラ接続、USBメモリ接続による設定、USB機器の充電などがより柔軟にできるという。PDUに搭載されているディスプレイをLCDカラーディスプレイにして見やすくしている。

 PX3-5000シリーズは、ラリタンのインテリジェントPDU製品の第3世代にあたる。PDUの各コンセントへの通電をシーケンス制御できる設計で一度に大量の電流が流れる突入電流を防ぐこともでき、万一の電源障害からの復旧時にも安全性が確保されるという。コントローラ部分をホットスワップで脱着可能にしたことで、万一コントローラ部分が故障した場合でも給電を止めずにコントローラ部の交換、修理が可能となったとしている。

 同シリーズは、入力電圧や最大供給電流、PDU形状、入力プラグや出力コンセントの形状などの違いで全7モデルで構成。今後の市場動向などに応じて、PDUレベルで電力を計測する「PX3-1000」シリーズなども予定している。

ZDNet Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

Special PR

特集

CIO

セキュリティ

スペシャル

ホワイトペーパー

新着

ランキング

  1. クラウドコンピューティング

    コスト削減&拡張性も、堅牢なセキュリティ&規制も同時に手に入れる方法、教えます

  2. 経営

    サブスクビジネスのカギはCX! ITIL準拠のツールをこう使え

  3. クラウドコンピューティング

    “偽クラウド”のERP使っていませんか?多くの企業のITリーダーの生の声から学ぶ

  4. クラウドコンピューティング

    RPA本格展開のカギは?「RPA導入実態調査レポート」が示す活用の道筋

  5. セキュリティ

    RPA導入時に見落とされがちな“エンタープライズレベルのセキュリティ”を紐解く

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNet Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]